株式会社 福遼建設

主婦と造る家~「100人100色」の夢をカタチに

LINE@で最新情報配信中

フリーダイヤル

0120-932-130

受付 9:00-18:00 水曜定休

お問合せ・資料請求

☎ 電話をかける

お宅訪問Visit

お宅訪問

Vol.10 遠賀郡Kさんの住まい

ふたりの"好きなモノ・コト"だけを散りばめた
毎日がスペシャルになる平屋のカリフォルニアスタイルハウス

真っ白なラップサイディングの壁、家の半周を囲む広いカバードポーチ、清々しいマリンブルーの窓モール。閑静な住宅街のとあるバス停の前に現れた大きな西海岸風の平屋は、建設中のときから行き交う人々の注目の的。ご夫婦それぞれの"趣味が活かせる住まい"を追求したら、こんな素敵なカリフォルニアスタイルハウスになりました。

Vol.10 粕屋郡Kさんの住まい

「暮らしを楽しむならこんな家がイイね!」
Instagram で見つけた理想の空間

今まで住んでいた家の老朽化にともない、建て替えを検討していたKさんご一家。せっかく建て替えるのなら、他には無い独創的な家にしたいよね、と考えていたときに偶然目にした福遼建設のInstagram。カリフォルニア工務店がこういう家を建てているのは知っていたけれど、福岡にもあるんだ!と驚いたのだそう。そして2018 年5 月、粕屋のモデルハウスを訪問。その古き良きアメリカを思わせるテイストは、「大好きな雑貨たちが"映える"空間が欲しかった」という奥さまの感性にヒットしました。

素朴な麻のラグやヴィンテージ感漂うファブリック、クスっと笑ってしまう懐かしいキャラクターフィギュア、レトロな看板、グリズリーでおなじみのカリフォルニア州フラッグ、海を感じる額絵やフォト、トゲトゲしいのに可愛いサボテン…。なるほど、ここは家じゅうどこを見渡しても、個性豊かなアイテムが違和感なく馴染んでいます。笑ったり、ほっこりしたり、ワクワクしたり。住人だけでなく訪れるすべての人にいろんな感動を与えてくれる、そんなスペシャルな空間です。

お宅訪問 Vol.10

お宅訪問 Vol.10

レッドシダーと見せ梁と「青」の共演
見上げても楽しい!型にはまらない個性派LDK

幾度となく増築を重ね、とにかく日当たりが悪かった旧家。ご主人が設計士に伝えた希望は、"明るいリビング"でした。2 面にフルオープンの窓とカバードポーチ、高い天井を備えたLDKは、広さも明るさも抜群です。壁はいぶしホワイトの木目調でナチュラルに、天井にはレッドシダーの天然木を配し、見せ梁の『白』を際立たせています。そして、アクセントカラーのブルーの壁面に飾られたサーフボードは、この家のシンボルのような存在感。 設計士が提案したのは、ただカジュアルなだけでなく落ち着きのあるカリフォルニアスタイルハウスでした。レッドシダー、梁、壁のアクセントブルー、どれか一つでも欠けるとこの雰囲気は生まれません。LDKの仕上がりにはご夫婦ともに大満足。ソファに腰かけて、お気に入りの雑貨やヤシの木を眺め愛犬マロンちゃんと戯れる時間が最高に幸せ、と語ってくれました。

Kさん邸の敷地内には庭とガレージ、そして3 台分の駐車スペースが完備されています。というのも、ご主人の趣味はモトクロス、4WD、ジェットスキーとかなりアクティブで、それ なりの"スペース"を要するため。今のところガレージはバイクと自転車と家電などの「物置」で、大きなピックアップトラックはガレージ前が定位置の様子。この使い方、本場アメリカのカリフォルニアスタイルハウスと同じですね!

お宅訪問 Vol.10

お宅訪問 Vol.10

「家事がラクになったし、室温も快適!
メリットしかないですよ、平屋って」

「もともと広い土地があったので、2 階は必要ないかなと思ってあえて平屋を希望しました」と語るKさんですが、実際に住んでみて改めて実感している平屋のメリットがあるのだとか。それは、毎日の清掃です。「家の中は段差がほとんどなくてフラットなので、とってもラクなんです。日常の掃除ならだいたいモップ1 本でこと足ります」とのこと。

平屋だと2 階が無いぶん天井が高くできますが、暖かい空気は上昇します。加えて窓が大きいカリフォルニアスタイルの内装は、冬季の室温が気になるところでした。そんな不安を解消すべく、サッシには気密性の高いペアガラスを採用し床暖房システムを導入。 「引き渡しが3 月初めでまだ寒い時期だったんですが、家の中に入るとすごく暖かいんですよ。足元が冷える、ということも全然なくて。けっきょく床暖房は使わないまま春を迎えました(笑)」とご主人。涼しげな色合いとオープンな造りでも、冬はしっかり暖かい!頼もしい家になりました。

最後に、今この家でやりたいことを伺ったところ、「芝生や植樹で手付かずの庭を整えることと、友達を招いてバーベキューをすることですね」と答えてくれました。キッチンから勝手口・カバードポーチ、そして庭へと最短距離で移動できる導線はまさにバーベキューにぴったり。Kさん邸の夏の風物詩になりそうですね。

お宅訪問 Vol.10

お宅訪問 Vol.10

Kさんより

天井のレッドシダーや見せ梁など、自分たちでは考えつかなかったアイデアを出してもらい、これ以上ない自慢のLDKになりました。ただの白い天井だとぜったい物足りない印象 に終わっていたと思います。やっぱり九州のカリフォルニアスタイルは福遼建設ですね!
モデルハウス訪問のときから親身に相談に乗ってくれた営業の吉郷さん、建築中毎日通行人から「カフェができるんですか?」と質問されていた現場のみなさん、本当にありがとうございました。福留社長には、これからも引き続きインテリアのアドバイスをお願いします!

フォトギャラリー

  • お宅訪問 Vol.10
  • お宅訪問 Vol.10
  • お宅訪問 Vol.10
  • お宅訪問 Vol.10
  • お宅訪問 Vol.10
  • お宅訪問 Vol.10

フリーダイヤル

0120-932-130

受付 9:00-18:00 水曜定休

お問合せ・資料請求

☎ 電話をかける

PAGE TOP