リビングでキャッチボールができる家 ~糟屋郡宇美町 N様邸~

今月は、昨年3月にお引渡しをした糟屋郡宇美のN様邸をご紹介します。

JR香椎線宇美駅から歩いて10分弱、1階に和室とLDK、2階に子ども部屋3室と主寝室の5LDK。天井が高いため、一見3階建てにも見える白い大きな外観の一戸建てです。

玄関ドアを開けて中に入ると、広いホールと趣のある箱庭がお出迎え。そしてリビングに足を踏み入れると、その広さに驚きます。LDKは25帖あり、引き戸を開け放って隣接する和室まで合わせると29.5帖。

リビング南の窓にはオープンウッドデッキがあり、その向こうには大きな庭が見えます。この家族共有スペースの「広さ」が、ご主人が家を建てると決めたときに、絶対譲れない条件だったのだそうです。

というのも、N様ご一家はご夫婦と男の子3人(10歳・8歳・5歳)、女の子1人(2歳)の6人暮らし。小さいうちは、のびのび遊ばせたいという想いがありました。

この家を建てて本当に良かったと思うことは、子どもたちが騒いでも叱らなくてよくなったこと。賃貸暮らしの頃は、1階に住んでいたのに2階の住人からクレームが来るくらい元気すぎて(笑)。子どもはもちろんですが、叱る私もストレスだったんです。このリビングなら、キャッチボールもできるので大満足です」とご主人は語ります。

奥様のお気に入りは、トイレや洗面台まわりの壁紙やボードの色と質感、ダイニングテーブルのライトなど細かな仕様。毎日使う場所、毎日見るものだから“好きな”色・柄であることは大事ですね

コーディネーターさんが一緒に選んでくれて、希望どおりに仕上がりました

と、嬉しい言葉をいただきました。

福遼建設では、これからもアフターメンテナンスを通してN様邸を見守らせていただきます。4人の子どもたちの成長が楽しみです!

※N様邸の詳しい記事は、近日中に福遼建設公式ホームページで公開します。お楽しみに!

カテゴリー: 施工事例   パーマリンク

コメントは受け付けていません。