流行りに乗りすぎず、ずっと快適にすごせる空間をコーディネートします ~インテリアスタイリスト 福留 水季~

こんにちは!福遼建設です。

本日のトピックは、スタッフ紹介第三弾。入社3年目のインテリアスタイリスト:福留水季です。氏名を見てピンときた方もいらっしゃるかと思いますが…そうです!弊社代表の長女です

―Q.仕事の内容を簡単に説明してください
内装全般のコーディネートです。図面ができ間取りが決まった後に、扉の色や形、照明の位置、どんなタイプの照明器具を使うか、壁の色はどうするか等、お客様の要望を聞きながら決めていきます。

―Q.福遼建設に入社した理由は?
高校から保育科にいて、保育士の専門学校を出たので、前職は保育士だったんです。でも、父が建築現場で働いているのをずっと見てきて、自分も小さい頃からモノづくりが好きだったことを思い出して。インテリアコーディネーターの仕事がしたい!と思うようになり父に相談したところ、福遼建設への入社が認められました(笑)。

ただ、最初は展示場の待機や建売住宅のコーディネートなどの事務的な仕事でした。お客様と直に向きあって内装を決めていく仕事を任されるようになったのはこの1年です。

―Q.仕事をする上で、心がけていることは?
インテリアも洋服と一緒で、流行というものがあります。

流行に乗りすぎず、“今好きなモノ”にとらわれず、後からでも模様替えができるような部屋にすることを心がけています。

たとえば壁紙は、アクセントで多種多様な色を使うより単色でシンプルに。家具が搬入されると、いろんな色味が入ってくるので調和がとりにくくなってしまいます。

―Q.どんな時に、この仕事をやっていて良かった!と思いますか?

お客様の要望に応えられたかどうかは、完成した時に初めて判ります。

お引渡しの際に喜んでいただけると、本当にやっててよかったと思いますね。

―Q.これからの目標を聞かせてください
まずはインテリアコーディネーターの資格を取得して、さらにお客様に満足していただけるブレーンになることです。

プライベートでは、英会話を習いたいです。海外旅行に行きたいけれど、言葉が通じないと怖いので(笑)。

―Q.最後に、お客様へひとこと

粕屋のカリフォルニアスタイルモデルハウスは、駅からも住宅地からも近いしブランコもあるので、お子様を連れて気軽に遊びに来てください。営業スタッフが常駐していますが、しつこい売り込みはありませんので。壁紙、照明、雑貨、すべて私がコーディネートしたので、たくさんの人に見ていただきたいです。

カテゴリー: スタッフ紹介   パーマリンク

コメントは受け付けていません。