本当に6畳しかないの?とビックリされます 主寝室が広く「見える」理由

今日は粕屋のカリフォルニアスタイルモデルハウスより、2階の主寝室をご紹介します。

見学に来られたお客様は、主寝室を見てこんな感想を述べられます。

「広く見えますね」。

そう、広く“見える”のであって、実際は広くはないのです。

主寝室の広さは和室でいうと6畳ですから。その6畳大の部屋を広く見せている要因のひとつが3畳大のウォークインクローゼット。大きい収納スペースは、部屋をすっきり見せるポイントです。

そしてもうひとつは、色を多用しないシンプルな内装。白い壁、白いカーテン、淡い木目の床、ブルー×白のファブリック。全体的にはカリフォルニアスタイルハウスのカラーでもある白と青を基調に、雑貨類は黒で統一して落ち着きのあるコーディネートに仕上げました。

壁紙の花模様の中の「黄色」が控えめなアクセントになって、メリハリもあります。
寝室は疲れた体を休める場所だから、落ち着ける雰囲気が何より大切。

カリフォルニアスタイルハウスに限らず、福遼建設では窮屈さや閉塞感を感じさせないような造りを心がけています。

カリフォルニアスタイルモデルハウスは水曜日と第1.3木曜日以外は10:00~18:00まで常時オープン。

ぜひ遊びに来てくださいね!

カテゴリー: カリフォルニアスタイル   パーマリンク

コメントは受け付けていません。