開けっ放しでも安全!風通しのいい「縦すべり窓」

みなさんこんにちは。

今日は風と窓について考えます。

日増しに暑さが厳しくなっていく今日この頃。日中はエアコンが必須だけれど、日が落ちると幾分涼しくなりますね。

エアコンの連続使用は電気代が嵩むし、健康にも良くありません。夜はエアコンを消し窓を開けて涼風を取り入れたい、という人も多いのではないでしょうか。

でも、リビングや寝室の大きな窓を全開にして就寝するのはとても危険。プライバシー保護の観点からも、夜間に限らず長時間窓を開放しておくことはおすすめできません。

そこで福遼建設では、開け放しておいても安全な「窓」を積極的に採用しています。防犯性を満たしたうえで、風通しを良くする「縦すべり窓」です。

縦すべり窓とは、幅が狭くて縦長の小さい窓のこと。※階段の横などによく取り付けられていますね。横にスライドして縦軸回転で開く窓で、そもそも全開しないように造られているのが特徴です。だから人間が出入りするのは不可能。これなら夜間開けっ放しにしておいても安全ですね。

また、縦すべり窓は正面からの風だけでなく、横から吹く風もキャッチして室内へと取り込みます。細長くて小さくて、ちょっとしか開かない窓。あれは飾り窓ではありません。風の通り道をつくる大切な役割を果たしているのです。

カテゴリー: こだわり   パーマリンク

コメントは受け付けていません。