“ウィズコロナ”で新しい生活スタイル! ~おうちの中のワーキングスペース~

新型コロナで在宅ワークを経験して、書斎とまではいかなくても、静かに仕事に集中できる部屋がほしい!と思われた方は多いのではないでしょうか?

本来、家は仕事から離れてくつろぐ場所なので、仕事専用のスペースは設けていないのが普通ですよね。

でも、今後リモートワークが定着するだろうことを考えると、自宅にも仕事ができるスペースを確保しておきたいものです。

その点、福遼建設の家は自由度が高い設計で、新しい生活スタイルにも柔軟に対応可能。ほとんどのお家で以下のような仕様となっているため、これからの生活に合わせてワーキングスペースとしても柔軟に活用できるんです。

寝室にカウンター設置・・・

パソコンと資料を広げるスペースさえあれば、ほとんどの仕事はできるのではないでしょうか?

コンセントの位置などを考慮するとさらに使いやすく。

広めの2階ホール・・・

デスクと椅子を置けば、即、仕事スペースに。

子育て中の方なら、お子さまの様子を見ながらお仕事ができるので安心です。

家事室(ユーティリティルーム)・・・

キッチンから近い場所にあるため、家事と並行してお仕事することが可能。

独立したスペースなので、集中してお仕事したいときにも便利です。デスクなどを造作しておくと良いですよ。

また、カリフォルニアスタイルのお家なら、天気の良い日はカバードポーチでお仕事するのも◎

お日さまや心地よい風を感じながら仕事ができるって、なかなか贅沢なことだと思います♪

カテゴリー: カリフォルニアスタイル   パーマリンク

コメントは受け付けていません。