家族で過ごす場所、お客さんを招き入れる場所 ポイントを押さえたリビングのレイアウト

福遼建設が建てる2階建ての家の間取りは、一般的にはこんな感じです。

【1階】

玄関、ポーチ、LDK、和室、トイレ・浴室・洗濯場などの水回り、家事室

【2階】

主寝室、子ども部屋(1~2部屋)、ベランダ

今回は1階の間取りについて解説します。

地形や広さによっても異なりますが、一般的には陽当たりがいい南側にリビングと和室を配し、水回りは北側に導線を考えて配置します。

現在新築物件ではリビングとダイニングキッチンが一体化したスタイルが主流ですが、これはより広く開放的に見せるという効果があるからです。ただ、キッチン・ダイニング・リビングが一直線上にありその先が外、といった場合。外から家の中が丸見えになるのはちょっと…という不安もありますよね。気になる人にはL字型のLDKなどがおすすめです。

また、リビングの一部を吹き抜けにする間取りもここ数年人気です。2階の居住スペースが少し狭くなってしまい、空調にも工夫が必要になるというデメリットもふまえたうえで「どうしても吹き抜けにしたい」場合はご相談ください。

家族の“和”を考慮して階段をリビング内に設置する、いわゆる「リビング階段」を採用した物件も増えています。でも、来客時などはリビングを通らずに2階に移動したい、という事もあるでしょう。家族団らんだけでなく、仕事の打ち合わせなどにもリビングを使うというのなら、廊下への階段設置をおすすめします。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。