アフターコロナの新しい暮らし方

早いもので2020年も5ヶ月が過ぎようとしています。

今年の春は、世界中の多くの人が “ずっと家で過ごしていた”のではないでしょうか。

福遼建設の住宅のコンセプトは“住むんだったら楽しみたい”。つまり、家に居る時間が

楽しい!と心から思える暮らしを提供することです。

たとえば・・・

1.お家で快適リモートワーク

3月~5月は、テレワークを余儀なくされた方も多いと思います。「書斎」とまではいかなくても、家族の目やテレビの音などを気にせずに仕事ができるスペースが家の中にあると便利ですよね。

福遼建設の住宅では、主寝室に約3帖のウォークインクローゼット(以下WICL)を設置するプランニングが主流です。リビングでは落ち着かないというときは、このWICLを書斎代わりに使うのもひとつの案。住み手次第で、どんなふうにも使える多目的空間なのです。

2.オンとオフを素早く切り替え

私たちは、周りの環境も含めて《家は癒しの空間》であるべきだと考えます。好きなモノを集めたリビングや、夕日を見ながらくつろぐカバードポーチ、大切に育てている植物やペット。

仕事から帰ってきて、オンからオフへ。きっちり気分を切り替えられる環境は、心の健康に繋がります

3.小さな空間も自分仕様にして楽しく!

ダイニングに備え付けられたカウンターは奥さまのワークスペースとして使えるし、ガレージにテーブルやチェアを置いて、“車庫”ではなくご主人の趣味の部屋にしてみたり。

どんな空間も自分流に使えるのが戸建て住宅の魅力です

これからの季節は、ガーデニングに家庭菜園、バーベキューと、庭やウッドデッキも活躍しそう。

自宅でアウトドアが楽しめるから、お出かけできなくてもストレスフリーです。

やっとコロナ禍が落ち着きつつある今、求められるのは『これからの時代に合った生活スタイルに適応できるマイホーム』。私たちと一緒に造りませんか?

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。