延床面積ってなに? 施工面積とどう違うの?

本日のトピックは、お客様からよく尋ねられる質問にお答えする【Q&A】です。

不動産会社の広告やサイトでよく目にする、その物件の広さを表す「〇〇面積」という表記。この面積に関する用語について、以下の質問が度々寄せられます。

Q.「延床面積と施工面積ってどう違うの?」

A.「延床面積は、固定資産税の課税対象になる部分、

施工面積は建築工事費がかかる部分すべてです」

「延床面積」とは、建物の床面積を合計した面積(2階建てなら、1階と2階の両方を合算)です。建築基準法に基づき建築確認申請書にも記載されている、固定資産税の課税対象となる部分です。一部条件もあるのですが、床の無い吹き抜け部分や、ロフト、バルコニー、ひさし、玄関ポーチ、地下室など、壁で囲まれていない部分は延床面積には含まれません

一方「施工面積」とは、実際に施工した部分、つまり建築工事費がかかる面積を指します。もちろん玄関ポーチやロフト、バルコニーもすべて含まれるので、一般的には延床面積<施工面積、ということになります。

ここで注意したいのが、《坪単価》です。

同じ規格の住宅でも、延床面積で割り出す場合と施工面積で割りだす場合では、差異が生じるということです。坪単価の算出法はそれぞれの工務店やハウスメーカーによって異なるので、あまり気にしすぎないほうがいいでしょう。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。