朝起きて、まず海を見に行くそんな一日の始まりが幸せです ~カリフォルニアヴィレッジA様邸《No.1》

福岡市のマリンレジャーのメッカ・海の中道と志賀島の中間にある、カリフォルニアヴィ

レッジUMINAKA。

自然豊かで人は優しく、夜は静かなこの町に誕生したサーファーズハウスの住人は、サーファーとダイバーの素敵なご夫妻

ふたりのこれまでとこれからの人生に寄り添って創り上げた空間では、大きなサーフボードも、容姿端麗な観葉植物たちも、おしゃれな家具や雑貨も「最高の居場所を見つけたよ!」と喜んでいるかのよう。

一戸建て注文住宅でしか実現できないオリジナリティにあふれていました。

まず、玄関を開けると2m90㎝のサーフボードを収納するスペース

「最初は建売住宅やマンションも検討しましたが、この天井高を確保した物件が無くて。注文住宅一択になりました」とAさんは語ります。

ご主人のサーファー歴は30年、奥さまはスキューバダイビング歴15年(サーファー歴3年)!そんなふたりがカリフォルニアヴィレッジのロケーションに惹かれたのは、とても自然なことでした。

「朝起きたら朝食の前にぶらっと波の様子を見に行って、それから仕事に出かけたりして

います。時間があるとき、気が向いたときにすぐ海に行ける日常って、最高ですよ」との

こと。

家からウェットスーツを着て出かけ、海から上がったらそのまま帰宅し、カバードポーチ

横のシャワーで砂を流して家へ…。

まるで《プライベートな海の家》のような使い方ができるのもサーファーズハウスの特徴です。

《2回目に続きます》

当家づくりレポート全編は、弊社公式サイト「お宅訪問」ページにて公開中!

カテゴリー: カリフォルニアスタイル   パーマリンク

コメントは受け付けていません。