2020年は「生み出す」年に

クリスマスも終わり、いよいよ年の瀬ですね。

2019年は、消費増税に振り回された1年でした。

10%引上げが決定した後も「据え置きかも」とか「消費税廃止」等のさまざまな憶測が飛び交い、ギリギリまで本当に上がるのかどうか不透明な状況の中で「住宅」という高額なモノを販売するのですから。

お客さまも“どうなるか分からない”のに慌てて購入しないほうがいい、と慎重になられていたようで、増税前はあまり動きがありませんでした。

そういう意味で「前半は厳しかった」と言えます。

今年良かったことは、カリフォルニアヴィレッジUMINAKAのオープンで、たくさんのお客さまと知り合えたこと

ヴィレッジの3区画も、イメージ通りの理想のお客さまにご購入いただけてスタッフ一同感無量です!

「福遼建設って、カリフォルニアスタイルの建築会社だよね?」と言ってもらえるくらいまで認知度が広がったのではないでしょうか。

希望的観測ですが(笑)。

2020年は3月末に福間に新しいモデルハウスをOPENさせます

これを皮切りに、新しいカリフォルニアスタイルを生み出すのが2020年の目標。

これまでのカリフォルニアスタイルは「青と白を基調にしたサーファーズハウス」がスタンダードでしたが、今年のアメリカ視察では様々なバリエーションもストックしています。この構想が、どんなカタチになるか

ぜひ、楽しみにしていてください!

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。