素材の味そのまま!Fromカリフォルニアの資材

今年3月、カリフォルニア工務店さまの視察で、合衆国のカリフォルニアに行ってきました。(視察の様子はこちらhttp://www.fukuryou.co.jp/blog/?p=1103

この視察旅行では、住宅や家具・雑貨・インテリアショップなどの他にホームデポなども巡り本場で使われている内装材をリサーチ。壁や床、天井に使われる木材を中心に数種類を買い付けました。

それらの資材は、色ムラがあり、木目もバラバラ、ノコの目が残るほどの荒々しいエイジング加工。実際は新しい木材なのに、古材に見える加工が施されているのです。ただ、これぞアメリカ!と言わんばかりの大らかさゆえに、

「不揃いな色・形は天然木の証。アンティーク調の色ムラは味わいがあってイイ!」という人もいれば、「このまま使っちゃダメなのでは?」という人もいて、社内でも意見が分かれました。

でも、せっかくアメリカから買い付けてきた資材だし、美しく加工された木材よりはカリフォルニアスタイルハウスに合うのではないかと思いショールームに展示してみたところ、お客さまからは予想外の高評価。やはり本場の実力なのでしょうか?

木材の他に、外構用のアメリカンフェンスも購入しました。その他、カリフォルニアから買い付けてきた内装材や雑貨がいくつかありますので、ぜひ本社2階のショールームまで見学に来てください

カテゴリー: カリフォルニアスタイル   パーマリンク

コメントは受け付けていません。