住宅工務課 工務:郷原 拓也

今月のスタッフ紹介は、もうすぐ入社4年、協力業者さんとのパイプ役を担う住宅工務課の郷原 拓也です。

-Q.仕事の流れを簡単に説明してください

営業スタッフとお客様との間で話がまとまったら、積算して見積を出します。契約が決まったら地鎮祭の段取りと手配、棟上げ、そして工事の依頼ですね。建売の場合は図面をもらったら業者さんに依頼して工程を組んでもらいます。

-Q.仕事をするうえで心がけていることは?

現場で作業するスタッフが、仕事をしやすい環境を整えることですね。まず近隣の住民へのご挨拶は欠かせません。工期ギリギリになると夜遅くまで作業することもありますから。騒音には気を付けていても、ライトの眩しさは制御できないし。

-Q.福遼建設の、他の工務店と違うところは?

東区、というより糟屋郡でけっこう有名な工務店だと思います。社員数は少ないけれど、常に新しいもの、イイものを作ろうと努力している会社です。社長が現場出身で、自ら動き何でも取り入れるからでしょうね。

-Q.ストレスの解消法は?

営業の上原さんと、工務の同僚の江國さんと3人で飲みに行くことです。上原さんのおごりで(笑)。

-Q.これからの目標を聞かせてください

お引渡しの後のお客様からのクレームをゼロにすること。そして、なるべく大きな利益を生む見積をとること。対業者さんの交渉力アップですね。

プライベート面では「痩せる」ことです。この2年で14kg増量しちゃったもので(笑)!

カテゴリー: スタッフ紹介   パーマリンク

コメントは受け付けていません。