ちょっと昔、そこにはアメリカがありました ~大岳・西戸崎ってこんな町~

海の中道から志賀島向かう途中に、西戸崎・大岳という町があります。
ここは、南北を海に挟まれた白い砂浜がきれいなリゾートエリア。

とても福岡市内とは思えない自然豊かな風景が魅力です。
この地域はかつて炭坑で栄え、戦後はキャンプハカタという米軍基地がありました。

基地が返還されたのは1972年。それまで西戸崎には、小さなアメリカがあったのです。

町の入り口には教会があり、商店街には横文字の看板が連なり、道路にはフォードやシボレーが走り、アメリカ人は地域の子どもたちから「ハロー」と呼ばれていました。

実は現在の海の中道海浜公園が、そのキャンプハカタだったのです。
1954年2月、マリリン・モンローと元大リーガーのジョー・ディマジオが新婚旅行で来日し、2月8日~10日に福岡を訪れたことは有名ですね。

2月10日、マリリン・モンローはキャンプハカタを慰問。
兵士たちから熱烈な歓迎を受けたのだそうです。

基地が返還された今でも、西戸崎には当時民間が経営していた賃貸物件「米軍ハウス」が残っていて、いくつかはリノベーションされて再利用されています。

また、町の中には1950~1960年代のアメリカを思わせるおしゃれなカフェなどが点在。

車で志賀島に向かう人たちには素通りされがちなエリアですが、ぜひ立ち寄ってみてください。

ちょっとした非日常的風景が楽しめますよ!

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。