カリフォルニアヴィレッジUMINAKAモデルハウスご来場者様の声 ~ガレージ・玄関編

4月27日にグランドオープンしたカリフォルニアヴィレッジUMINAKAのSurfer’s

house。オープンから5月6日までの10日間の連休中、たくさんの方にお越しいただきました。モデルハウス内部を見学していただいた方から寄せられた声をいくつかご紹介します。

家の中に入る前にまず玄関横のガレージに目が行くというのはご主人方。

「自分の愛車を置いた“絵”をイメージしちゃいますね」

「建物の中にガレージがあるって贅沢ですね。マンションの駐車場みたいに、他人や他人の車に気を遣わなくていいし」

「車を置くならやっぱりシャッターが欲しいな。後から付けられるんですよね?」

と、それぞれの“ガレージのある暮らし”を思い浮かべながら目をキラキラさせて語ってくださいました。中には、試してみてもいいですか?と実際に車を入庫した人も(笑)!

玄関はコンクリート打ちっぱなしの仕上げになっていますが、ここにイベントに出店していただいたJokerさんがクールなデザインロゴを描いてくれました。

「これ、かわいい!うちにも描いてもらいたい」

と大好評でした。Jokerさん、ありがとうございました!

玄関からLDKへのアプローチには室内床にビンテージタイルを貼っているのですが、これには奥様たちが好反応。

「こんな床材があるんですね~!?ほんとうにアメリカのお家みたい」

「この家の雰囲気に合っていますね。フローリングよりも数倍イイです」

とたくさんのお褒めの言葉をいただきました。

LDK・カバードポーチ編は後日掲載します!

カテゴリー: カリフォルニアスタイル   パーマリンク

コメントは受け付けていません。