ミッドセンチュリーってなに?

みなさんはインテリアショップなどで、『ミッドセンチュリースタイル』という言葉を耳にしたことはありませんか?

言葉自体の意味は「1世紀の半ば」ですが、建築・インテリア業界においては1940~1960年代に主に合衆国でデザインされた家具やインテリア、建築物などを指します

たとえば、家具好きな人の間では有名なイームズ夫妻のイームズチェアやジョージ・ネルソンの壁掛け時計などがミッドセンチュリーを代表するインテリア。イームズチェアとは、曲線のフォルムの軽くて小振りな椅子で、ひじ掛けのない「シェルチェア」は、今でも世界中に流通している人気デザインです。

イームズのシェルチェアは、4月27日にオープンした福遼建設のカリフォルニアヴィレッジモデルハウス2階の主寝室にも置いています。気になる方は、ぜひ実物を見に来てください

ミッドセンチュリースタイルの『色遣い』は、ターコイズブルーやブラッドオレンジなどの明るい色の壁紙に、あえてウォルナットやチークの濃い木目を合わせたような、華やかでポップな感じです。

カリフォルニアヴィレッジモデルハウス1階リビングの、テレビ後ろの壁面パネルがまさにこの色合い。

外観は白とブルーを基調にしたサーファーズハウスですが、内部には所々にミッドセンチュリーのテイストを取り入れました

アンティークだけれど親しみやすくて、ポップだけれどヴィンテージ感も備わった、ちょっと昔のアメリカのインテリアは、毎日の生活をもっと楽しくしてくれるはず。

福遼建設が提案するカリフォルニアスタイルハウスです。

カテゴリー: カリフォルニアスタイル   パーマリンク

コメントは受け付けていません。