北向きの敷地ならではの暮らしやすいプランニング

カリフォルニアヴィレッジのモデルハウス【Surfer’s House】が建っている場所は、正直、あまり条件がいいとは言えない敷地です。というのは、正面が北向きの道路に面しているからです。とはいえ、庭とカバードポーチは日当たりのいい南側に造るのが鉄則。そんなわけで、正面側ではなく家のバックヤード側にカバードポーチと庭がある造りになりました。

しかし考えてみると、正面玄関とは反対側に庭とウッドデッキがあるということは、通りからカバードポーチの大きな窓越しにリビングが見えないということ。プライバシーが守られるので、外からの目線を気にせずアウトドアリビングが楽しめるという大きなメリットがあるのです。この点では南向きの敷地より優れたプランだといえるでしょう。

また、ビルトインガレージがあるのもこのSurfer’s Houseの特徴。車庫としてはもちろんですが、車はポーチ横に停めて自転車やバイク置き場にしたり、物置にしたり。多目的に使えるように、あえてシャッターは設置していません。実際、本場の南カリフォルニアのビーチ沿いに立ち並ぶ住宅ではガレージを倉庫代わりにしたり、バーベキューをしたりと、多様な使い方をしています

より現地に近いクオリティのカリフォルニアスタイルSurfer’s House。ぜひ一度、実物を見に来てください。

カテゴリー: カリフォルニアスタイル   パーマリンク

コメントは受け付けていません。