リフォームとリノベーションってどう違う?

福遼建設では、お客様のご要望に応じてリフォームやリノベーションも行います。

ところでみなさん、リフォームとリノベーションの違いって判りますか?

それぞれの言葉の意味のとおり、次のような違いがあります。

●リフォーム(reform)=悪い状態からの改良、原状回復

つまり、老朽化で汚れたり壊れたり古ぼけてしまった箇所を、元の状態に戻すというもの。
たとえば壁紙を張り替えたり、システムキッチンを入れ替えたり、古い浴室をユニットバスに替えたり、といった小規模または部分的な工事です。

●リノベーション(renovation)=改新、刷新、更改

こちらは、たとえば間仕切りを撤去して間取りを変更したり、壁の断熱性能を改良したり、これまで高齢者のみが住んでいた家を若者向けのモダンなテイストに変えたり。
これからそこに住む人のライフスタイルに合わせて、家全体の機能を刷新して新たな価値を生み出すのがリノベーションです。

また、金額面から違いを説明すると

請負金額が500万円未満の工事であれば建設業許可は不要です。
ユニットバスの入れ替えなどは、工務店ではなく家電量販店などが請負うこともありますね。

一方、間取りを変更するなどの大規模な改修は500万円以内で収まることはほとんどありません。
建設業の許可を得た工務店・専門工事請負会社が行わなければならないのがリノベーション、といえるでしょう。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。