レッドシダーと見せ梁と「青」の共演 見上げても楽しい!型にはまらない個性派LDK

引き続き、Kさん邸のご紹介です。

幾度となく増築を重ね、とにかく日当たりが悪かった旧家。ご主人が設計士に伝えた希望は、 “明るいリビング”でした。

2面にフルオープンの窓とカバードポーチ、高い天井を備えたLDKは、広さも明るさも抜群です。壁はいぶしホワイトの木目調でナチュラルに、天井にはレッドシダーの天然木を配し、見せ梁の『白』を際立たせています。

そして、アクセントカラーのブルーの壁面に飾られたサーフボードは、この家のシンボルのような存在感。

設計士が提案したのは、ただカジュアルなだけでなく落ち着きのあるカリフォルニアスタイルハウスでした。レッドシダー、梁、壁のアクセントブルー、どれか一つでも欠けるとこの雰囲気は生まれません。

LDKの仕上がりにはご夫婦ともに大満足。ソファに腰かけて、お気に入りの雑貨やヤシの木を眺め愛犬マロンちゃんと戯れる時間が最高に幸せ、と語ってくれました。

Kさん邸の敷地内には庭とガレージ、そして3台分の駐車スペースが完備されています。というのも、ご主人の趣味はモトクロス、4WD、ジェットスキーとかなりアクティブで、それなりの“スペース”を要するため。

今のところガレージはバイクと自転車と家電などの「物置」で、大きなピックアップトラックはガレージ前が定位置の様子。

この使い方、本場アメリカのカリフォルニアスタイルハウスと同じですね!

カテゴリー: カリフォルニアスタイル   パーマリンク

コメントは受け付けていません。