しまうもの、見せるもの、隠すもの ~収納あれこれ

お客様からよく「福遼さんの家は収納がいいね」と褒めていただく事があります。

収納が「いい」とはどういうことかというと、収納スペースが多いということだけでなく、「工夫がある」ということ。

たとえば、多くの奥様が「あるのと無いのでは大違い」と言う、キッチンのパントリー、脱衣所のリネンクローク、玄関のシューズクロークは建売住宅でも採用するように心がけています。

また、ベランダの近くに収納スペースを作ることもおすすめしています。

洗濯物を取り込んでカゴに入れ一時的にしまっておいたり、何かと使い勝手がいいのです。

もちろん、注文住宅Momの場合はお客様の意見が最優先。それぞれのライフスタイルに合わせたプランをご提案します。

カリフォルニアスタイルの住宅には「見せる収納」をご提案しています。

カリフォルニアスタイルの家を選んでくださるお客様のほとんどは、誰か他の人に見せるため、ではなく“自分”が「好きなモノをいつも眺めていたい」というケースが多いのです。

お気に入りの雑貨や絵や植物を飾るのも、ひとつの見せる収納ですね。

カテゴリー: カリフォルニアスタイル   パーマリンク

コメントは受け付けていません。