まずは、自分自身が“好きになる”ことが大切 ~東京研修を終えて〈1〉~

2月6~7日、社長と営業とコーディネーター総勢7名で東京へ「カリフォルニアスタイルを極める」研修に行ってきました。家具や雑貨の店舗を巡り最新のトレンドをリサーチし商品知識を深めて、弊社がカリフォルニアスタイルを手がけるきっかけとなったカリフォルニア工務店訪問。たくさんの刺激と感銘を受けた2日間でした

今回より2回に分けて、参加者の声をご紹介します。まずは、カリフォルニア工務店訪問の感想から。

営業:上原竜二

カリフォルニアスタイルの家を建てている会社、というよりは、設計にこだわり、素材にこだわり、趣味や生活にもこだわって“プロデュースする”会社です。どういう知識でどんな提案をすればいいか、という私の問いに対して、

“自分が好きなこと・知っていることを伝えたくて仕方がない”“お客様と一緒になってワクワクする”というところまでいかないと、このテイストの家を販売することは難しいでしょうね。まずは好きになることです!」というお答えが。シンプルだけれど、本質だと思いました。

営業:吉郷真也

今回の東京視察を経て改めて感じたことは「お客様と共感する」ことの大切さです。サーフィンやバイクなどの趣味を持っているお客様に、せっかく家を建てるのであれば趣味を楽しみながら生活できる空間を提案する。提案する側も同じ趣味を持っていて、家づくりを一緒に楽しみながら行う、というカリフォルニア工務店の営業スタイルはまさに私の理想とするところです

とはいっても、今すぐサーフィンやバイクに手を出すのは難しいので、まずは興味のあるキャンプから始めて、お客様と共感できる「ワクワク体験」を積み重ねていきたいと思います。

カテゴリー: カリフォルニアスタイル   パーマリンク

コメントは受け付けていません。