月別アーカイブ: 1月 2020

カリフォルニアヴィレッジ福間ビーチって、こんなところ

先日地鎮祭が終わり、現在基礎工事中の「カリフォルニアヴィレッジ福間ビーチ」モデルハウス。 モデルハウスの見どころと仕様については、完成が近づいてから改めてご紹介するとして…今回は、この「カリフォルニアヴィレッジ福間ビーチの概要」についてお話しします。 この分譲地の魅力は、なんといっても道路1本向こう側がすぐ海!という、「海好き」さんにはたまらないロケーション。 福間海岸はサーフィンやボディボードなどのマリンスポーツが盛んで、九州の湘南とも呼ばれているのだそう。 海岸通りにはサーフショップやおしゃれなカフェが建ち並び、夏には多くの海水浴客で賑わいます。また、福津の海岸で開催される「福津市納涼花火大会」も、県内屈指の夏の大イベント。なんと当モデルハウスから豪快な海上花火が鑑賞できるんです! 花火は夏だけの催しですが、海に沈むオレンジ色のサンセットは一年中眺められます。嵐が出演するTVCMで有名になった「光の道」がある宮地嶽神社もすぐ近く。年間を通して県内外から多くの観光客が訪れます。 都心で生活する人にとっては、リゾート地といっても過言ではないほどの非日常感が漂うエリアですが、JR福間駅までも徒歩圏内だし、快速を使えば九州の陸の玄関口:博多駅まではたったの20分。通勤・通学、毎日のお買い物…何も不便なことはないのです。 モデルハウスは5月にグランドオープンの予定ですが、他の2区画の分譲地は2月から販売開始します。海岸近くのカリフォルニアスタイルハウスに興味がある方は、ぜひお問合せください!

...続きを読む

カテゴリー: カリフォルニアスタイル | コメントは受け付けていません。

バツグンの収納力&家事導線 アバンセヴィラ須恵中央の広々4LDK

今月の施工事例紹介は、アバンセヴィラ須恵中央Ⅴ11号地に完成した弊社イチ押しの建売住宅です。おススメする理由は、次のとおり! 【アクセス良好!平均床面積より5坪も広い4LDK】 JR香椎線「須恵中央」駅まで徒歩4分。通勤・通学に便利です。延床面積はゆとりの38.57坪!LDKは17.7帖、リビング横には4.5帖の和室も隣接。陽当たりも良好です。小さな庭もあるので、ガーデニングも楽しめますよ。 【すっきり暮らせる、たっぷり収納】 まず玄関ドアを開けると左手に大容量のシューズクローク。そしてその奥にはハンガーパイプがあるので、帰宅したらすぐにコートや上着を脱いで掛けられます。来客時にも便利ですね。そして主寝室のウォークインクローゼットはなんと4.5帖。かさばる寝具もシーズンオフの家電もラクラク収納できます。また、脱衣室にはリネンクローク、キッチンにはパントリーと、とにかく収納力の優秀さには自信あり! 【独立した洗面台】 通常、洗面台は脱衣室内にありますね。でも、この家では洗面台が独立しているんです。つまり、家族の誰かが入浴中・脱衣中でも気兼ねなく洗面台が使えるということ。泊り客がいる時には特に助かります。 【奥様の家事、ぜったいラクになります!】 主婦目線の家事導線は、弊社が得意とするところ。同物件にも、浴室・脱衣室・洗面台の横に家事室を設けました。収納棚とカウンター、天井に昇降式の物干しがあるので、部屋干し→たたむ→収納がここだけで完結。「家事室」は、買い物から帰宅して着替える間ちょっと荷物を置く場所としてもよく使われています。 2階のホールにも昇降式物干しがあるので、ここでも室内干しが可能。もちろん天気のいい日にはインナーバルコニーに干すこともできます。 弊社Instagramで大反響の分譲住宅です。気になる方は、お早めにご連絡くださいね。

...続きを読む

カテゴリー: 施工事例 | コメントは受け付けていません。

グラスウールと吹き付け、どっちがいいの?

今やネットでなんでも調べられる時代。 家の性能を大きく左右する“断熱材”についても、実にさまざまな「声」が飛び交います。 そこで今月は、お客さまから寄せられる以下の質問を取り上げます。 Q.福遼さんの断熱材は「高性能グラスウール」とのことですが、吹き付けのほうが優れていると聞きました。 実際のところ、どうなんですか? A.まずは、グラスウールと吹き付け断熱材、どちらにも共通する悩みについてお話しましょう。 それは「断熱欠損」という問題です。 建物全体の断熱材本来の機能を果たすには、断熱欠損させないこと、つまり断熱材が効いていない「隙間」を作らないことがとても重要。 一見、現場吹き付けなら断熱欠損しないように思えますね。 ところが、吹き付け作業は工程上、“壁下地よりもかなり前”なので、この後の配線工事や設備管などで邪魔モノ扱いされて剥ぎ取られる事例が後を絶ちません。 その上、専門業者でないとうまく発砲しないため工事金額も割高になります。 弊社では、専門業者ではなく大工さんが行う「高性能グラスウール」を標準仕様としていますが、グラスウールもまた施工方法によって断熱性能が変わることが証明されています。 だから私たちは、決して大工さんに任せっぱなしにはしません。 全棟、第三者機関を導入し施工管理します。大工さんを信用していないわけではなく、どうしても人によってムラが出てしまう欠点を補うためです。 グラスウールは正しく施工すれば吹き付けと変わらない性能を持った商品。 逆に、吹き付けを採用しても施工の仕方が悪ければせっかくの機能が台無しになるのです。 どっちが良くてどっちが悪いか、ではなく、施工方法によって性能が変わるということを理解していただけたら、と思います。 大切なのは、断熱材は何を使っているか?ではなく「どんな施工管理をしているか」ということ。 福遼建設では、第三者機関を導入し徹底した施工管理で「断熱欠損」を防ぎます。 安心してお任せください。

...続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

こんな色が欲しかった!無垢の【ヴィンテージウッドパネル】

青い空と海、心地よい風、木々の緑。周りの自然に馴染む“建材のナチュラルな質感”も、カリフォルニアスタイルハウスの大きな魅力のひとつですね。 今日は、そんな自然素材の温もりが感じられるスペシャルな内装材を紹介します。 昭和5年から材木の加工・卸・販売を行なう三重県の老舗材木会社「なかの材木会社」さんが展開するブランド「WOOD LOVER’S」のヴィンテージ加工ウッドパネルです。 この度、弊社でも取り扱うことができるようになりました! このウッドパネルは、国産天然杉の無垢板に塗装とエイジング加工を施し、古材調に仕上げたもの。 ほどよく使い込まれたアンティーク感・ヴィンテージ感が漂い、カリフォルニアスタイルハウスの内装にはぴったりです。 サネ加工(キレイに貼り合わせられるように板の側面に凹凸をつけること)が施されているので、DIYで部屋の雰囲気を変えたいというお客さまにもおススメですよ! カリフォルニアスタイル定番のナチュラルホワイトやソフトブルーの他に、ポップなナチュラルレッドやソフトイエロー、落ち着いたインダストリアルカラーやクラシックカラーまでカラーバリエーションは豊富です。 福遼建設本社にサンプルを揃えていますので、興味のある方はぜひ実物を見に来てください。 ※写真は、WOOD LOVER’S×カリフォルニア工務店のコラボレーションカラー「ターコイズ」のウッドパネルを使った施工例です。

...続きを読む

カテゴリー: こだわり | コメントは受け付けていません。

最年長の家づくりコンサルタント“竹ちゃん”に聞きました!

今月の一問一答スタッフ紹介は、住宅営業ひとすじ40年、65歳になってますます元気な家づくりコンサルタントの竹下 知克 です。 社内最年長なのに、トップ営業マンなのに、同僚はもとよりお客様からも“竹ちゃん”の愛称で親しまれる人気者! しかし、その穏やかな風貌からは想像がつかないけれど、実は「負けず嫌いで自分に厳しいストイックな性格」なのだとか(社長談)。 このギャップも魅力のひとつなのかも? 問① 出身地は? 問② 出身校は? 問③ 趣味は何ですか? 問④ 家づくりで大切にしていることは? 以上、竹ちゃんの一問一答でした!さて、次は誰が登場するでしょうか? 来月のスタッフ紹介もぜひチェックしてくださいね。

...続きを読む

カテゴリー: スタッフ紹介 | コメントは受け付けていません。

カリフォルニアスタイル物語 No.4 〜本場カリフォルニアへ〜

東京のカリフォルニア工務店を訪れ、「社長がやりたい事がわかった」という社員たち。その言葉を聞き安心した福留が次に計画したのは“本場のカリフォルニアに行くこと”でした。 そして2019年3月、福留はカリフォルニア工務店主催のツアーで現地へ。 ビーチ沿いに建つ“広い庭とカバードポーチがある家々”は、そのほとんどが何十年も経った「古い家」。なのに、カッコイイのです。劣化とか老朽化ではなく、年月を経たからこそ現れる【味】があるのです。これらの建築物とそこで暮らす人々を目の当たりにして、福留は再認識しました。 やっぱり自分はこのライフスタイルが好きだ、ということを。 「カバードポーチの柱は、定期的に塗り直さないと腐るんです。ウッドデッキや外壁も木材を使っている場合はメンテナンスが必要。 でも、ここの住人たちはそれを楽しみながらやっていて、何十年も大切に使っています。私たちが建てるカリフォルニアハウスも、こんな風に扱ってもらえたら嬉しいなあと思いながら見ていました」 と、福留はカリフォルニア視察を振り返ります。 同時に「今、ここに建っているカリフォルニアスタイルの家を、長く使い込まれた建物の良さを表現したい」という新たな目標を見つけた福留は、現地のホームセンターやDIYの店を巡り、エイジング加工された建材やアンティークファニチャーなどを購入。 カリフォルニアスタイルへの情熱をより膨らませて帰国の途につきました。

...続きを読む

カテゴリー: カリフォルニアスタイル | コメントは受け付けていません。

2020初の3連休は“街びらき”に行こう!

海びらき、山びらき、蔵びらき…。その年の何かの「始まり」には、~びらきというイベントが開催されますね。 そこで福遼建設では、2020年最初の3連休にアバンセヴィラ須恵中央Ⅴの“新春・街びらき”を開催します。 ここは、ファミリー層に大人気の糟屋郡に誕生した3棟の新築分譲を含む計11区画のニュータウン。JR須恵中央駅からも歩いてすぐ、福岡市内までのアクセスも抜群の、弊社イチ押しの分譲地です。 イベントでは、オーガニック野菜の販売会、ハンドメイドアクセサリーのお店や体験型ワークショップ、目にも楽しいレインボーわたあめなど、ご年配の方からお子様まで家族で楽しめる催しが盛りだくさん。 あたたかい飲み物とフードを提供してくれるカフェカーも参上します。 マイホームを検討している方はもちろんですが、それ以外の方もどなたでもお気軽にご来場いただけるイベントです。お正月明け最初の3連休、「特に予定がない」という方、「何しようかな~」と考えている方。 ぜひ、アバンセヴィラ須恵中央Ⅴの“新春街びらき”に遊びに来てください。 福遼建設スタッフ一同、お待ちしています! 期日/2020年1月11(土)・12(日)・13日(月) 時間/10:00~17:00 お問合せ/0120-932-130

...続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

2020年もワクワクを“住まい”にのせてお届けします!

みなさま、新年おめでとうございます。 良いお年を迎えられたでしょうか? 2019年の福遼建設のメインプロジェクトは、「カリフォルニアヴィレッジUMINAKA」でした。 これまで弊社と関わってくださったお客さまはもちろん、福岡、九州にとどまらず遠方からもたくさんの方々が来場され、多くの人に福遼建設の名を知っていただきました。 カリフォルニアスタイルの“サーファーズハウス”をスタンダード化することができた1年と言えるでしょう。 2020年は、このプロジェクトの第2弾として「カリフォルニアヴィレッジ 福間ビーチ」を始動。4月頃にモデルハウスをOPENさせます! 今回私たちが提案するのは、スタンダードなサーファーズハウスから一歩踏み出した、オリジナリティあふれる新しいカリフォルニアスタイル。 もちろんコンセプトは “住むんだったら楽しみたい”です!どんな“ワクワク”が詰まった家になるか…楽しみにしていてくださいね! 今年も、福遼建設をよろしくお願いいたします。

...続きを読む

カテゴリー: こだわり | コメントは受け付けていません。