月別アーカイブ: 2月 2019

「平屋のカリフォルニアスタイルハウス」公開終了しました

2月24日を持ちまして岡垣町の「平屋のカリフォルニアスタイル完成内覧会」が終了しました。約1ケ月に渡り、こだわりの詰まった大切なお家を貸してくださったお施主様、本当にありがとうございました。福遼建設スタッフ一同、心より感謝いたします。 公開期間は1月26日(土)~2月24日(日)。延べ52組のお客様にご来場いただきました。完全予約制だったということもあり、お越しいただいた方は、カリフォルニアスタイルのテイストが好きな方、興味がある方、実際にマイホーム検討中の方がほとんどでした。「実際に見て、触れることができたのでクオリティが実感できました」「具体的なイメージが沸いた!」「予算のこともとても参考になった」と、大きな反響が寄せられました。 住宅展示場の“モデルハウス”というのは、各ハウスメーカーが あくまでも“見学用”として建てるもの。最高級のオプション仕様や高価な家具が備え付けられた見本に過ぎず、そこに自分の生活を重ねて見ることは難しいものです。 しかし今回公開した家は、実際にお施主様がこれから生活をしていく家。来場者のみなさんには、よりリアルなイメージを伝えることができたと確信します。 平屋のカリフォルニアスタイルハウスはお施主様にお返ししますが、「見に行きたかったのに行けなかった!」という方は、ぜひ4月下旬オープン予定のカリフォルニアヴィレッジUMINAKAへお越しください。 ※こちらはモデルハウスとして公開した後、販売します。

...続きを読む

カテゴリー: カリフォルニアスタイル | コメントは受け付けていません。

社長がお客様と一緒に楽しみながら仕事をしている。そんな会社です

弊社の社員ブログにもたびたび登場する、ヨッシーこと吉郷真也を紹介します。昨年のカリフォルニアスタイルモデルハウスの着工と時を同じくして入社し、カリフォルニアスタイルとともに進化(?)を続ける営業部のホープです! ―Q.仕事の内容を簡単に説明してください 展示場にお越しいただいたお客様やお電話やネットでお問合せいただいたお客様へのご案内、土地のお話、プラン、お見積り、そしてご契約いただいた後も建物の着工・棟上げ・完成・お引渡しまで関わらせていただきます。 ―Q.福遼建設の、他の工務店と違うところは? 社長の《実行力》ですね。カリフォルニアスタイルハウスも、福留社長自らが考案して作り上げて、1年足らずで「九州のカリフォルニアスタイルといえば福遼建設」と言われるほどまでに知名度を上げています。でも、ヘンな気負いは無くて、お客様と一緒にあくまでも“楽しく”仕事をしている感じなんです。 ―Q.どんなときにこの仕事をやっていて良かった、と思いますか? お客様から「吉郷さんに決めて良かった」と言っていただけたときです。「福遼さんに決めて良かった」でも、もちろん嬉しいですけどね(笑)。 ―Q.これからの目標は? ファイナンシャルプランナー、2級建築士、コーディネーターの資格を取ることです。お客様のライフスタイルは100組いれば100通り。それぞれにベストな提案をするために、知識の引き出しを増やしていきたいです。 ―Q.最後にお客様にひとこと 私自身ずっと集合住宅暮らしだったので、小さい頃から一戸建てへの強い憧れがありました。そして29歳のときに家を建てて、今、家族4人で楽しく生活しています。一戸建てを建てて本当に良かったなあ、って心の底から思えます。みなさんの“夢”のマイホームも、一緒に実現させましょう!

...続きを読む

カテゴリー: スタッフ紹介 | コメントは受け付けていません。

家族がつながるリビング階段と広~い庭 “一緒にいる時間”が楽しい理想の暮らし ~糟屋郡 F様邸~

家族構成はご夫妻と、りなちゃん9歳、りこちゃん7歳、零王(れお)くん5歳の5人。これまで住んでいた2LDKの賃貸アパートが手狭になってきたこと、そしてこの先何十年も払い続ける家賃を考えると将来的に資産として残る一戸建てを持つほうが賢い選択だと判断したこと。それがF様が“家を建てよう”と決めた理由でした。 設計士がこだわったのは、家族が集うリビングルームの心地よさ。脇の道路から一段高く宅地が造成されていて、大きな庭と駐車場が道路を隔てているため、プライバシーは守られつつも日中の日当たりは抜群! また、いつでも家族の気配を感じられるように、廊下ではなくリビング内に階段を設けました。テレビ背面の壁にはレンガ模様のアクセントクロス、上部には画面の光を邪魔しない柔らかなダウンライトを設置。家族みんなのお気に入りの空間になりました。 「この家に越してきて一番変わったのは、子どもが元気に遊ぶ様子が見られるようになったことですね」と、お話してくださったのは奥様。賃貸アパートのときは、家の周りが駐車場だったので危なくて外で遊ばせられなかったのだそう。また、下階や隣への騒音が気になるので屋内にいても「走っちゃダメ」と叱ることがしばしば。でも今は、庭で元気に走りまわる子どもたちの姿が。家の中でドタバタ騒いでも、下の階の住人から苦情が来ることもありません。 子どもたちがのびのび遊べて、いつでも家族のつながりを感じられる。 F様の理想どおりのマイホームが完成しました! F様邸お宅訪問の詳細記事は、ホームページに掲載しています。

...続きを読む

カテゴリー: 施工事例 | コメントは受け付けていません。

土地は欲しいエリアで見つかりますか?

土地購入も含めてマイホームをご検討中のお客様から、よく尋ねられる質問にお答えします。その質問とは、「土地は、欲しいエリアで見つかりますか?」というもの。 住みたいと思う場所の条件は、“駅が近い”こと、“スーパーや病院が近い”ことなど様々ですが、一番多いのが“〇〇小学校区”や、“今住んでいる所が生活しやすいので〇〇町”といった、『エリアを限定』されるケースです。 しかし、ここ数年では、そう簡単にはご要望に合う好物件は流通しておらず、また3.4年前と比較しても地価がかなり上がっていてご予算に納まらないケースも少なくありません。 家を建てる(買う)タイミングって、ご夫婦にとって、そしてご家族にとって“今”必要だ! “今”欲しい!という時ですよね?もちろん、希望のエリアで良い土地が売りに出されるのを待つのもいいでしょう。でも、3年後になるか5年後になるのか…わかりません。 こういった市場傾向ですから、弊社では“必要な時”“欲しい時”に家を建てていただくのが、お客様にとって最も大切だと考え、希望エリアはもちろんその近郊エリアの土地紹介にも努めています。 エリアだけでなく、“時期”も含めてお客様と一緒に考えながらご提案できればと考えています。ぜひ、どんなことでも気軽にご相談ください。

...続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

トレンドの先を行く「1拠点デュアラー」に! カリフォルニアビレッジin UMINAKA

昨年末に発表された「2019年のトレンド予測」によると、今年流行りそうなライフスタイルは『デュアラー』だそうです。 デュアラーとは、“DUAL(デュアル)=2通りの”という英単語をもとにした造語で、都市と田舎のデュアルライフ(2拠点生活)を楽しむ人たちのこと。ちょっと前までは、時間に余裕のあるリタイア組や別荘を持っている富裕層のライフスタイルというイメージがありました。でも今では、シェアハウスや空き家の活用など、2つめの拠点の形態が多様化し、若い人の間でもデュアルライフが流行りつつあります。 しかしながら、 「都会と田舎の2重生活…憧れはあるけれど、仕事をしながら2つの居住地を行ったり来たりするのはやっぱりちょっと大変そう」 と、一歩踏み出せずにいる人も多いのではないでしょうか。 そんな人たちに、とっておきのお知らせです。現在福遼建設が進行中のカリフォルニアヴィレッジUMINAKAは、サーフィンなどの趣味を楽しみたい人、自然に癒されたい人、のびのびと子育てしたい若いカップルに最適な環境。現在工事中の都市高速が完成すれば、天神・博多には車で30分。仕事の環境と暮らしの環境の調和がとれたエリアなのです。 つまり、東京などの大都市では2拠点生活をしてでも実現したいライフスタイルが、ここでは1拠点で叶うということ。もうひとつの居住費がかからない、1拠点デュアラーになれるのです。 カリフォルニアヴィレッジUMINAKAでは、モデルハウス1棟と建築条件宅地分譲2区画を販売します。画像はモデルハウス内装に使用するものですが…詳細は後日! モデルハウスは4月下旬オープンです。

...続きを読む

カテゴリー: カリフォルニアスタイル | コメントは受け付けていません。

和室はアリ?ナシ? カリフォルニアスタイルの「間取り」

福遼建設のカリフォルニアスタイルモデルハウスには、和室がありません。 モデルハウスに和室を作らなかったのは、西海岸テイストの洋館に和室なんて似合わないから…という見た目だけの理由ではないんです。 一般的な設計プランでは、一階の日当たりの良い場所に和室をとります。でも、カリフォルニアスタイルの家にはカバードポーチがありますね。 日当たりの良い場所は、カバードポーチやウッドデッキに!これが鉄則なのです。 また、和室があると必然的にそのぶんLDKの広さが削られます。カリフォルニアスタイルハウスの最大の魅力は、リビングとカバードポーチの一体感。 天気の良い日は、ウッドデッキを“アウトドアリビング”にして、より広く開放的に過ごして欲しい、という想いもあります。 それでも、赤ちゃんを寝転がせるスペースが欲しい、洗濯物をたたむときに使いたい、など、どうしても和室が欲しい場合には“敷きだたみ”や“置きだたみ”をおすすめしています。モデルハウスにも置いていますが、和室を造るのではなく「リビングの一角を畳スペースにする」のです。 これなら、使わないときはしまえて便利。デザインや色も豊富なのでカリフォルニアスタイルらしい雰囲気を損なうことなく使用できます。 どんな雰囲気なのか気になる方は、ぜひ、カリフォルニアスタイルモデルハウスに実物を見に来てください!

...続きを読む

カテゴリー: カリフォルニアスタイル | コメントは受け付けていません。

平屋のカリフォルニアハウス見学会を終えて

去る1月26日・27日に、平屋のカリフォルニアハウスの見学会を開催しました。 寒い中、足を運んでくださった皆さま、本当にありがとうございました! 今日は参加してくださった皆さまから寄せられた「声」を少しだけご紹介します。 ●「見せ梁」のイメージがわかなかったけれど、実物を見て「こういうものなんだなあ」と納得。自分も将来天井の高い平屋を建てたいと思っているので、ぜひ真似したいです! ●天井に本物のレッドシダーの木が貼ってあって、想像していたより高級感のある内装でした。似たような柄のクロスもあるそうですが、やはり本物は違いますね。 ●今までいくつかのモデルハウスを回ったけれど、ここは展示場じゃなくて実際にお客様が建ててこれから生活していく家なので、よりリアルに生活感が伝わってきました。 ●理想的な定番のカリフォルニアスタイルを実際に見ることができました。 ●これくらいの広さの、カリフォルニアスタイル平屋を建てたら、どれくらいの予算が必要なのかが解りました。海の中道のモデルハウスも絶対見に行きます! ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 見学会は終了しましたが、一般公開は2月いっぱい実施しています。3月以降はお施主様にお引渡しいたしますので、再びモデルハウスとして公開することはありません。気になる方、イベントに行きそびれた方、内装をじっくり見たい方は、ぜひこの機会をお見逃しなく!

...続きを読む

カテゴリー: カリフォルニアスタイル | コメントは受け付けていません。

糟屋郡須恵町のすすめ

今、福岡市近郊で家づくりを計画している世帯に、人気上昇中の糟屋郡。福岡の中心部、博多・天神へのアクセスが良好で《移動》に不便さを感じることは無く、学校、病院、大型商業施設など生活するうえでの必要な施設・店舗も充実。自然も多く、福岡市内に比べると地価が安いことも選ばれる理由です。 そんな人気エリア糟屋郡のメインタウン「粕屋町」には、すでに空地が無くなりつつあります。そこで、福遼建設のおすすめは「須恵町」です!実は須恵町も、近年開発のスピードが目覚ましく住民の増加が見込まれる町。購入をおすすめするのは《今だから》こそ。 ポイントを、項目別に見ていきましょう。 ■生活 須恵中央駅周辺には大型ホームセンター、ドラッグストア、スーパー、コンビニもあり普段の生活に必要なモノはすべて駅周辺で揃います。病院やグループホームなども充実しているので、医療・介護の面も安心。 ■交通 須恵駅、須恵中央駅から博多駅までは乗り換えが必要ですが、接続がスムーズにいくようにダイヤが配慮されているので、乗り換えを含めても博多駅までの所要時間は20分程度。 ただし本数が少ないため、やはり車があったほうが便利な土地柄ではあります。が、福岡市内中心部に比べると、駐車場代は3分の1以下!戸建て住宅なら、2台分の駐車場の設置が一般的です。 ■子育て・教育 町内には保育園が5つ、幼児園・幼稚園が1つずつ、学童保育所が3ヶ所、小学校が3校、中学校が2校、高等学校が2校。通園・通学、送り迎えに時間やお金がかかることはありません。 そして、福岡都心部に比べると自然が豊か。都心からそう遠くないところで、静かに暮らしたい、自然の中で子どもを遊ばせたい、そんな子育て世代に嬉しい住環境が整っています。福遼建設では建築条件付きの土地販売も行っていますので、ぜひご相談ください。

...続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。