カテゴリー別アーカイブ: カリフォルニアスタイル

おかげさまでカリフォルニアヴィレッジ分譲地完売

カリフォルニアヴィレッジUMINAKAのモデルハウス【Surfer’s House】に隣接した2区画の分譲地が、無事に完売となりました。海の中道から志賀島に続く風光明媚な海辺の町に、まもなく小さなカリフォルニアスタイルハウスの集落が誕生します。この素敵な町の住人となるお施主さまに、カリフォルニアヴィレッジUMINAKAを選んだ“決め手”を伺いました。 「サーフィンが趣味なので、波の良い綺麗な海の近くに住みたいと思っていました。価格帯もリーズナブルだし、田舎だけれど実は街からもそう遠くないですから(笑)」。 「大岳は職場からも近いんですよ。知り合いが大岳に住んでいて、住みやすいという評判を聞いていました。静かで人も穏やかで優しくて、この町の地域性に惹かれました」。 マリンスポーツが趣味という人や、大岳という町に魅力を感じてくれる人に住んで欲しい。これがカリフォルニアヴィレッジ計画当初からの福遼建設の願いでした。イメージどおりのお客さまにご契約いただけて、スタッフ一同とても嬉しく思います。 ※モデルハウスもリビングの家具付きで分譲販売中です。気になる方は早めにご連絡を!

...続きを読む

カテゴリー: カリフォルニアスタイル | コメントは受け付けていません。

素材の味そのまま!Fromカリフォルニアの資材

今年3月、カリフォルニア工務店さまの視察で、合衆国のカリフォルニアに行ってきました。(視察の様子はこちらhttp://www.fukuryou.co.jp/blog/?p=1103 ) この視察旅行では、住宅や家具・雑貨・インテリアショップなどの他にホームデポなども巡り本場で使われている内装材をリサーチ。壁や床、天井に使われる木材を中心に数種類を買い付けました。 それらの資材は、色ムラがあり、木目もバラバラ、ノコの目が残るほどの荒々しいエイジング加工。実際は新しい木材なのに、古材に見える加工が施されているのです。ただ、これぞアメリカ!と言わんばかりの大らかさゆえに、 「不揃いな色・形は天然木の証。アンティーク調の色ムラは味わいがあってイイ!」という人もいれば、「このまま使っちゃダメなのでは?」という人もいて、社内でも意見が分かれました。 でも、せっかくアメリカから買い付けてきた資材だし、美しく加工された木材よりはカリフォルニアスタイルハウスに合うのではないかと思いショールームに展示してみたところ、お客さまからは予想外の高評価。やはり本場の実力なのでしょうか? 木材の他に、外構用のアメリカンフェンスも購入しました。その他、カリフォルニアから買い付けてきた内装材や雑貨がいくつかありますので、ぜひ本社2階のショールームまで見学に来てください。

...続きを読む

カテゴリー: カリフォルニアスタイル | コメントは受け付けていません。

とある日の「カリフォルニアスタイル」打ち合わせ風景

「カリフォルニアスタイルといえば、天井の梁は白っていうイメージだけど、ブラウンとかどうでしょうね?」 そんなお施主さまの言葉を受けて試しに合わせてみると、意外にもしっくりくることが判明。むしろ重厚感が備わって洗練された印象になり、 「いいですね!これでいきましょう」 とその場に居た全員の意見が一致。 これはカリフォルニアスタイルハウスをご注文いただいたお客さまとの打ち合わせ風景のひとコマです。 “住むんだったら楽しみたい”がテーマのカリフォルニアスタイルハウスは、なるべくお客さまの好きな色、好きな素材を使ってプランニングします(もちろん技術的な面でプロの提案は行います) イメージしやすいように、木材、壁材、タイルなど、実物を用意して。 《お客さまと一緒に》創り上げるから、とてもアットホームなんですよ! 福遼建設のスタッフも、夢が一つひとつ形になっていく充実感を味わいながら仕事をしています。

...続きを読む

カテゴリー: カリフォルニアスタイル | コメントは受け付けていません。

ロックガーデンと溶岩石

カリフォルニアヴィレッジのモデルハウス【Surfer’s House】より、今回は外構についてお話します。 カリフォルニアスタイルハウスの外構といえば、グリーンの芝にヤシの木、といったイメージを持つ方は多いかもしれません。 でも実は、カリフォルニアは砂漠地帯。現地では、水やりが必要な芝生&植樹よりも“ロックガーデン”を作る家庭が多いのです。 ロックガーデンとは、「岩石を配しその隙間に植物を植えて楽しむ庭」のこと。カリフォルニアヴィレッジのモデルハウスにも、西側のフェンス内側と玄関前の花ブロックの前にロックガーデンをしつらえました。 玄関前のロックガーデンは、溶岩石を使用しているので花ブロックの白とポストの赤、植物の緑、そして溶岩石の褐色のコントラストが見事です! 庭の演出次第で、外観の印象は大きく変わります。だから、「どこに」・「どんなふうに」・「何を」配置するかというセンスはとても大切。 私たちは、庭やガレージ、フェンス等の外構は、基本的には請け負っておりません。ただし、カリフォルニアスタイルハウスに関しては、お施主様のご要望に応じて対応します。 「どんな植物がいいのかがわからない」「デザインの知識がないので業者さんにうまく伝える自信がない」という場合は、遠慮なくご相談ください。

...続きを読む

カテゴリー: カリフォルニアスタイル | コメントは受け付けていません。

ここが魅力!カリフォルニアスタイルハウスのキッチン

カッコイイだけじゃない、福遼建設のカリフォルニアスタイルハウス。今回は「キッチン」にスポットを当ててお客様の声を紹介します。 「キッチンのオープンラックが素敵ですね」 カリフォルニアヴィレッジUMINAKAのモデルハウスにお越しいただいたお客様から、多く寄せられる声です。なぜ注目を集めるのかというと、リビングからキッチンに目をやると必ずこのオープンラック(飾り棚とも呼ばれています)が目に入るから。 インテリア雑誌などでは、こういったオープンラックは“見せる収納”として、見栄えのいい食器や調味料ボトルなどを陳列していますね。でも、日頃よく使う食器を置いておくのにもちょうどいい位置にあるので実用的な食器棚として使ってもいいのです。扉のある一般的な食器棚にしなかったのは、「見せる」ためだけではありません。実は、背面の可愛いタイルが見えるようにという狙いがありました。キッチンのタイルも、この家のこだわりのひとつ。食器の隙間からチラッと見えるだけでも、キッチン全体の雰囲気がグンと変わります。 「眺めがいいですね。家族の様子が見えるので安心です」 これはキッチンカウンターに立った時のお客様の感想です。カリフォルニアヴィレッジUMINAKAのモデルハウスは、南西にL字型のカバードポーチが配されています。キッチンカウンターに立つと、正面に西側のカバードポーチと庭、左前方向には南側のカバードポーチと庭が見渡せます。 昔の日本家屋の「厨房」は、家の奥まったところにあり裏の勝手口から出入りするのが常でしたが、福遼建設の戸建て住宅のコンセプトは「ママが笑顔になる家」。カウンターでキッチンとリビング・ダイニングに分かれてはいるものの、常に繋がりを感じる空間になるよう設計しています。

...続きを読む

カテゴリー: カリフォルニアスタイル | コメントは受け付けていません。

夏だから楽しみたい!~カリフォルニアハウスだからできること

白いサイディングと青い窓モール、カバードポーチの白い柱と緑の芝。夏はカリフォルニアスタイルハウスがいちばん“映える”シーズンです。 今回は、この季節ならではのカリフォルニアスタイルハウスの楽しみ方を、「カバードポーチ」をメインにご紹介します。 ウッドデッキがある戸建て住宅は珍しくありませんが、カリフォルニアハウスの場合は“屋根のついた”カバードポーチ。そう、直接日差しを浴びないので日焼け・日射病の心配が半減。風が吹けば心地よく過ごせるのです。昼間はカバードポーチに子ども用のプールを出して遊ばせながら、大人たちは庭でバーベキューを楽しむのもいいでしょう。陽が沈む頃にはカバードポーチにデッキチェアとガーデンテーブルを出して、サンセットを眺めながらビールを片手に夕涼み…カリフォルニアハウスだからこそできる大人の時間ですね。 子どもたちは夏休み真っただ中。大人のみなさんも夏季休暇をとったり帰省したりする、という方も多いのではないでしょうか。 粕屋の住宅展示場と、東区大岳のカリフォルニアヴィレッジUMINAKAは、8月13日~18日を除き、いつでもOPENしています。ぜひ、ご家族揃って夏を感じに来てください!

...続きを読む

カテゴリー: カリフォルニアスタイル | コメントは受け付けていません。

海が好きな人にはぜったいおすすめ! ~大岳・西戸崎ってこんな町 ②~

先月掲載した「西戸崎・大岳ってこんな町」では、西戸崎を中心にご紹介しました。 http://www.fukuryou.co.jp/blog/?p=1337 今回は、カリフォルニアヴィレッジUMINAKAのある「大岳」の魅力をメインにご紹介します。 大岳は、志賀島に続く一本道のすぐ手前。大岳海水浴場、ダイビングショップ、福岡マリーナが近くにあり、ダイビングやジェットスキー、サーフィンなどのマリンスポーツが盛んなエリアです。また、県内外から釣り人が訪れる場所でもあります。 海で遊ぶのが好きな人、海の幸が好きな人…「海が好き」ならぜったいに人生が楽しくなること請け合いです。といっても、海しかないというわけではありません。町内には志賀島中学校もホームセンターもあり、生活の利便性は福岡市内中心部となんら変わりはないのでご安心ください! この町のもう一つのメリットは、都会の喧騒から離れた自然豊かなエリアでありながら、実際には「都会から離れていない」、というところ。大岳バス停から天神まで乗り継ぎナシで行けるし、来年開通予定の都市高速アイランドシティ線を利用すれば天神まではわずか37分。博多駅も天神もラクラク通勤・通学圏内なのです。

...続きを読む

カテゴリー: カリフォルニアスタイル | コメントは受け付けていません。

どっちを見る?どっちも見た? ふたつのカリフォルニアスタイルモデルハウス

カリフォルニアヴィレッジUMINAKAがオープンし、福遼建設のカリフォルニアスタイルハウスモデルハウスは2棟になりました。粕屋住宅展示場のカリフォルニアハウスと、UMINAKAのカリフォルニアハウス、それぞれのポイントをまとめてみます。 ■粕屋展示場 南向きでLDKに吹き抜けがあるのが特徴。天井の高さと、カバードポーチとLDKを繋ぐフルオープンのサッシで、解放感と採光は抜群!実際の面積よりも広さを感じさせます。セミオーダーの規格住宅Momfitとのコラボレーションなので、主婦目線の使いやすい導線も魅力です。トイレの壁紙はスヌーピー。 ■カリフォルニアヴィレッジUMINAKA 家の正面が北向きであるため、玄関と反対側の南側と西側にL字型のカバードポーチがあります。西側のカバードポーチには、夕方になるときれいなサンセットが差し込んでロマンチック。また、正面側にはビルトインガレージを設置。車庫としてだけでなく、幅広い用途で使えます。玄関からリビングまでの長いアプローチには、ヴィンテージタイル風の床材を。 こちらのトイレの壁紙はミッキーマウスです。 まだ見ていない方は、ぜひ遊びに来てください!

...続きを読む

カテゴリー: カリフォルニアスタイル | コメントは受け付けていません。

カリフォルニアヴィレッジUMINAKAモデルハウスご来場者様の声 ~LDK・カバードポーチ編

GWのオープニングイベントでUMINAKAのSurfer’s houseを内覧されたお客様の声をご紹介します。今回は「LDK・カバードポーチ編」です。 ●LDKの見せ梁(装飾梁)とハンモック、その横のデイベッドはすべてのお客様に大反響。 「こんなリゾート感いっぱいのリビングは他のショールームでは見たことがない」 「別荘にいるみたい。仕事の疲れが吹き飛ぶような明るさですね」 といった声が多い中、デイベッドに横たわりながらそのあまりの心地よさに 「もうここから動きたくないですね。こんな家に住むと、出不精になりそう」 とつぶやくお客様も(笑)。 ●南西に配された広いカバードポーチには、 「玄関のある道路側に面していないのが逆にいいと思う」 という声を多数いただきました。チェアを置いて昼寝や読書をしたり、お友達を招いてティーパーティをひらいたり。皆さんそれぞれのカバードポーチの使い方を想像して楽しんでくれていた様子です。 ●家具や小物、絵などにも 「これはどこで購入したんですか?」 という質問を受けることが多く、来場者様のインテリアへの関心の高さが垣間見えました。特に、ダイニングのカップボードとして使用しているステンレスの家具は好評で、一番多くの方から購入先を尋ねられたアイテムです。これは弊社がいつもお世話になっているAZUMAYAで購入したもの。「食器棚」というカテゴリーから選ぶのではなく、「食器棚として使ったら素敵かも!」という遊び心でチョイスするのも楽しいんですよ。

...続きを読む

カテゴリー: カリフォルニアスタイル | コメントは受け付けていません。

夏だから楽しみたい!カリフォルニアスタイルの暮らし

早いもので今年も半分経過。カリフォルニアスタイルハウスがいちばん《映える》夏になりました!ということで、今回はカリフォルニアスタイルの家だからこそできる「夏の楽しみ方」を紹介します。 カリフォルニアヴィレッジUMINAKAのサーファーズハウスには、カバードポーチの横にシャワースペースを設置。海の近くにあるサーファーズハウスでは、このシャワーが重宝します。海から戻ってきてサッとシャワーを浴びて、ウッドデッキから家に入ることができるので、玄関先が濡れたり汚れたりすることがないんですよ。 また、夏といえばバーベキュー。庭でバーベキューをする際にもシャワーがあると便利なんですよ。汗をかいてもすぐに洗い流せますから。 ご覧になった方も多いと思いますが、粕屋のカリフォルニアスタイルハウスにもUMINAKAのサーファーズハウスにも「ブランコベンチ」があります。子どもたちはもちろんですが、実は大人のみなさんにも使ってもらいたくて考案しました。 想像してみてください。ブランコベンチで揺れながらオレンジ色のサンセットを眺めつつ冷たいビールを一杯…。最高の癒しのひとときじゃないですか? また、カリフォルニアスタイルハウスの最大の特徴は、カバードポーチとリビングがひと続きになる大きなオープンサッシ。この窓を全面開放してあえて冷房を切って自然の風を通し、ハンモックでくつろぐのもいいですね! カリフォルニアスタイルの夏には、“暑さ”に負けない“楽しさ”があります。

...続きを読む

カテゴリー: カリフォルニアスタイル | コメントは受け付けていません。