カテゴリー別アーカイブ: 未分類

粕屋住宅展示場を2日間限定で大解放! 7月20日(土)・21日(日)マルシェ&フリーマーケット開催

まだ梅雨が明けきっていない蒸し暑い日が続きますが、来週末はいよいよ夏休みに突入します。暑いし、どこに行っても人が多いし、お金もかかるし…と、お出かけをためらっているみなさん。令和最初の夏休みは福遼建設の粕屋住宅展示場に足を運んでみませんか? 7月20~21日は、福遼建設粕屋住宅展示場にてサマーイベントCalifornia Styleマルシェ&フリーマーケットを開催。粕屋住宅展示場(第1展示場、第2展示場『カリフォルニアスタイルモデルハウス』の両方)を2日間限定で開放します! 福遼建設で家を建てていただいたOB様はもちろん、一般のお客様も大歓迎。カリフォルニアスタイルのモデルルームのことはずっと気になっていたけれど、家を建てる予定も無いのでまだ一度も見学に行ったことがない、という方も遠慮なくご来場ください。両日10:00~17:00まで開放しているので、好きな時間にゆっくり見学していただけます。 アメリカンスタイルのカフェカー、マルシェ、プチライブ、体験型のイベントやワークショップ、ビニールプール広場など、これまでにない多種多彩なショップ&イベントを企画してお待ちしています。小さなお子様からご年配の方まで、誰もが楽しめる2日間。ぜひ、ご家族そろって遊びにきてくださいね!

...続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

ちょっと昔、そこにはアメリカがありました ~大岳・西戸崎ってこんな町~

海の中道から志賀島向かう途中に、西戸崎・大岳という町があります。 ここは、南北を海に挟まれた白い砂浜がきれいなリゾートエリア。 とても福岡市内とは思えない自然豊かな風景が魅力です。 この地域はかつて炭坑で栄え、戦後はキャンプハカタという米軍基地がありました。 基地が返還されたのは1972年。それまで西戸崎には、小さなアメリカがあったのです。 町の入り口には教会があり、商店街には横文字の看板が連なり、道路にはフォードやシボレーが走り、アメリカ人は地域の子どもたちから「ハロー」と呼ばれていました。 実は現在の海の中道海浜公園が、そのキャンプハカタだったのです。 1954年2月、マリリン・モンローと元大リーガーのジョー・ディマジオが新婚旅行で来日し、2月8日~10日に福岡を訪れたことは有名ですね。 2月10日、マリリン・モンローはキャンプハカタを慰問。 兵士たちから熱烈な歓迎を受けたのだそうです。 基地が返還された今でも、西戸崎には当時民間が経営していた賃貸物件「米軍ハウス」が残っていて、いくつかはリノベーションされて再利用されています。 また、町の中には1950~1960年代のアメリカを思わせるおしゃれなカフェなどが点在。 車で志賀島に向かう人たちには素通りされがちなエリアですが、ぜひ立ち寄ってみてください。 ちょっとした非日常的風景が楽しめますよ!

...続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

7月20・21日サマーイベント出店者様募集!

来たる7月20日(土)・21日(日)の2日間、カリフォルニアハウスでおなじみの弊社粕屋住宅展示場を開放して、サマーイベントを開催!!出店協力していただける方を募集中です。 フード、物販、ワークショップ、木工教室など、小さなお子様から大人まで楽しめる2日間にしたいと思っています。暑い夏をみんなでエンジョイしましょう! 出店希望者様はDMでもいいですが、できればプロフ→HP→お問合せ・資料請求からコメントをお送りいただくようお願いします。なお会場のスペースの都合上、いっぱいになり次第締め切らせていただきます。また、告知広告の都合上、7月上旬には応募を締め切らせていただきますのでご了承ください。ご応募お待ちしております! ■日時:7月20日(土)21日(日) 10:00~17:00 ■場所:糟屋郡粕屋町原町1-3-17 ■出店料:無料 ■応募締切:7月上旬

...続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

UMINAKAで1拠点デュアラー

今、都会に住む若い人たちの間で流行りのライフスタイル「デュアラー」。その言葉の意味については、以前ブログをご参照ください。 http://www.fukuryou.co.jp/blog/?p=1012 デュアルライフとは、都内に住む会社員が地方に住居をかまえ、週末だけサーフィンや釣りを楽しんだりする「2拠点生活」のことですが、中には新幹線で北陸や東北まで出向き空き家を借りて陶芸や農業をするデュアラーもいるのだとか。 日常生活も趣味・レジャーも1拠点で楽しめる所に住めたら、素晴らしいと思いませんか?カリフォルニアヴィレッジUMINAKAは、そんな1拠点デュアラー生活が叶う町です。※そもそも1拠点なのだから「デュアラー」じゃないよね?というツッコミはナシで(笑。 サーフィン、ドライブ、釣り、ツーリング、キャンピングなど福岡市民のレジャーのメッカ志賀島も、橋を渡ってすぐ。これまでは自然が豊かな所は不便だというのが定説でしたが、ここは違います。車があれば福岡の中心「天神」「博多」まで30分、公共の交通機関を使うならJRも市営渡船もあります。通勤・通学にとんでもない時間を要する、ということはないのです。 東京や大阪他、大都市にお住まいでデュアルライフを希望する方も、気軽にお問合せください。

...続きを読む

カテゴリー: カリフォルニアスタイル, 未分類 | コメントは受け付けていません。

リフォームとリノベーションってどう違う?

福遼建設では、お客様のご要望に応じてリフォームやリノベーションも行います。 ところでみなさん、リフォームとリノベーションの違いって判りますか? それぞれの言葉の意味のとおり、次のような違いがあります。 ●リフォーム(reform)=悪い状態からの改良、原状回復 つまり、老朽化で汚れたり壊れたり古ぼけてしまった箇所を、元の状態に戻すというもの。 たとえば壁紙を張り替えたり、システムキッチンを入れ替えたり、古い浴室をユニットバスに替えたり、といった小規模または部分的な工事です。 ●リノベーション(renovation)=改新、刷新、更改 こちらは、たとえば間仕切りを撤去して間取りを変更したり、壁の断熱性能を改良したり、これまで高齢者のみが住んでいた家を若者向けのモダンなテイストに変えたり。 これからそこに住む人のライフスタイルに合わせて、家全体の機能を刷新して新たな価値を生み出すのがリノベーションです。 また、金額面から違いを説明すると 請負金額が500万円未満の工事であれば建設業許可は不要です。 ユニットバスの入れ替えなどは、工務店ではなく家電量販店などが請負うこともありますね。 一方、間取りを変更するなどの大規模な改修は500万円以内で収まることはほとんどありません。 建設業の許可を得た工務店・専門工事請負会社が行わなければならないのがリノベーション、といえるでしょう。

...続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

グランドオープンに向けて最終追い込み

いよいよグランドオープンまであと10日。 カリフォルニアヴィレッジUMINAKAのモデルハウスは、内装が完了間近。あとは最終仕上げと家具の搬入です。 内装のポイントは、キッチン前のタイルとリビングの壁面パネル。 タイルはブルーをベースにホワイトを配しサーファーズハウスらしい印象に。 壁面パネルは、以前もちょっとご紹介しましたが、キューブwoodを組み合わせた遊び心のある楽しいデザイン。 どちらもこれまでのカリフォルニアスタイルハウスにはないテイストです。 先日、福遼建設営業スタッフ全員でオープニングイベントの最終打ち合わせを行いました。場所は現場近くの「Mako’s café」さん。 こちらのカフェは、オーナーさまが大のアメリカ好きで、前回のTSUTAYAのイベントにお越しいただきました。目の前に海が広がるというロケーションもさることながら、50′s、60′sのアメリカをイメージした店内の雰囲気がクールです。 食器はすべて1941年にアメリカで誕生したヴィンテージブランドFire-King!あまりにも居心地が良かったので、今後はお客さまとの打ち合わせでも利用させていただくことにしました。 カリフォルニアヴィレッジにお越しの際は、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

...続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

消費税率10%引上げまでに間に合わない!? 大丈夫、焦らないでください

今の時期、「消費税8%のうちに家を買いたかったけれど、間に合いそうにない」と、ちょっと購入意欲が下がり気味の方もいらっしゃるのではないでしょうか。 マイホームは一生に一度の高額な買い物だから、確かに2パーセントの差は大きいですよね。でも、一生に一度のことだからこそ、焦って購入して“こんなはずじゃなかった!”と後悔するはめになっては本末転倒。時間をかけてしっかり選ぶことは正解です。 消費税率10%への引上げ後の住宅取得に、メリットが出る支援策があるということをご存じですか? 【消費税率の引上げに伴う4つの支援策】 1.住宅ローン減税の控除期間が3年延長(建物購入価格の消費税2%分減税(最大)) 2.すまい給付金が最大50万円に(収入に応じて10万~40万円の増額) 3.新築最大35万円相当、リフォーム最大30万円相当、新たなポイント制度創設 4.贈与税非課税枠は最大3000万円に拡大(現行は最大1200万円) そして、この4つの支援策は併用が可能です。3月31日までに契約できなかったとしても、税率引上げ前に比べて負担が大幅に増えるということではないのです。 詳しくは国土交通省のホームページをご確認ください。 http://www.mlit.go.jp/

...続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

都市に近くて自然豊か!九州一人口の多い「町」/糟屋郡粕屋町

福遼建設でも、土地・建売住宅も含めたくさんの住宅を供給してきた糟屋郡粕屋町を紹介します。 福岡市のベッドタウンとして人気の粕屋町の人口増加率は、1940年代からずっと右肩上がり。現在、粕屋町の人口は九州の町村の中では1位です! 人が「移り住みたくなる」その魅力とは? ●立地 粕屋町は、福岡市東区と博多区に隣接。博多駅までは電車で約10分、空港まではバスで約10分、天神まではバスで30分程度で行くことができます。町内にJRの駅が6駅もあるのも、この町ならでは。通勤・通学に不便を感じることはないでしょう。 それでいて、山も川もあり、主要駅から少し離れると田園風景が広がる、自然が豊かな環境です。 ●教育機関 粕屋町には県立高校1校、町立中学校2校、町立小学校4校、保育所18ヶ所、幼稚園4ヶ所があり、生涯学習センターや図書館、公園やグラウンドなど、児童育成に必要な施設はすべて網羅されています。子育て世代のご夫婦に人気がある理由のひとつです。 ●生活 大型ショッピングモールや家電量販店、スーパー、コンビニ、飲食店も充実していて日常生活に困ることはありません。 とにかく人気のある粕屋町は、ここ数年は「早いもの勝ち」の激戦区。福遼建設では、粕屋町内に建売物件と建築条件付き宅地を数件保有しています。詳しくは公式サイトをご覧ください。 http://www.fukuryou.co.jp/land_recommend.html

...続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

土地は欲しいエリアで見つかりますか?

土地購入も含めてマイホームをご検討中のお客様から、よく尋ねられる質問にお答えします。その質問とは、「土地は、欲しいエリアで見つかりますか?」というもの。 住みたいと思う場所の条件は、“駅が近い”こと、“スーパーや病院が近い”ことなど様々ですが、一番多いのが“〇〇小学校区”や、“今住んでいる所が生活しやすいので〇〇町”といった、『エリアを限定』されるケースです。 しかし、ここ数年では、そう簡単にはご要望に合う好物件は流通しておらず、また3.4年前と比較しても地価がかなり上がっていてご予算に納まらないケースも少なくありません。 家を建てる(買う)タイミングって、ご夫婦にとって、そしてご家族にとって“今”必要だ! “今”欲しい!という時ですよね?もちろん、希望のエリアで良い土地が売りに出されるのを待つのもいいでしょう。でも、3年後になるか5年後になるのか…わかりません。 こういった市場傾向ですから、弊社では“必要な時”“欲しい時”に家を建てていただくのが、お客様にとって最も大切だと考え、希望エリアはもちろんその近郊エリアの土地紹介にも努めています。 エリアだけでなく、“時期”も含めてお客様と一緒に考えながらご提案できればと考えています。ぜひ、どんなことでも気軽にご相談ください。

...続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

糟屋郡須恵町のすすめ

今、福岡市近郊で家づくりを計画している世帯に、人気上昇中の糟屋郡。福岡の中心部、博多・天神へのアクセスが良好で《移動》に不便さを感じることは無く、学校、病院、大型商業施設など生活するうえでの必要な施設・店舗も充実。自然も多く、福岡市内に比べると地価が安いことも選ばれる理由です。 そんな人気エリア糟屋郡のメインタウン「粕屋町」には、すでに空地が無くなりつつあります。そこで、福遼建設のおすすめは「須恵町」です!実は須恵町も、近年開発のスピードが目覚ましく住民の増加が見込まれる町。購入をおすすめするのは《今だから》こそ。 ポイントを、項目別に見ていきましょう。 ■生活 須恵中央駅周辺には大型ホームセンター、ドラッグストア、スーパー、コンビニもあり普段の生活に必要なモノはすべて駅周辺で揃います。病院やグループホームなども充実しているので、医療・介護の面も安心。 ■交通 須恵駅、須恵中央駅から博多駅までは乗り換えが必要ですが、接続がスムーズにいくようにダイヤが配慮されているので、乗り換えを含めても博多駅までの所要時間は20分程度。 ただし本数が少ないため、やはり車があったほうが便利な土地柄ではあります。が、福岡市内中心部に比べると、駐車場代は3分の1以下!戸建て住宅なら、2台分の駐車場の設置が一般的です。 ■子育て・教育 町内には保育園が5つ、幼児園・幼稚園が1つずつ、学童保育所が3ヶ所、小学校が3校、中学校が2校、高等学校が2校。通園・通学、送り迎えに時間やお金がかかることはありません。 そして、福岡都心部に比べると自然が豊か。都心からそう遠くないところで、静かに暮らしたい、自然の中で子どもを遊ばせたい、そんな子育て世代に嬉しい住環境が整っています。福遼建設では建築条件付きの土地販売も行っていますので、ぜひご相談ください。

...続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。