作成者別アーカイブ: fukuryou-admin

朝起きて、まず海を見に行くそんな一日の始まりが幸せです ~カリフォルニアヴィレッジA様邸《No.1》

福岡市のマリンレジャーのメッカ・海の中道と志賀島の中間にある、カリフォルニアヴィ レッジUMINAKA。 自然豊かで人は優しく、夜は静かなこの町に誕生したサーファーズハウスの住人は、サーファーとダイバーの素敵なご夫妻。 ふたりのこれまでとこれからの人生に寄り添って創り上げた空間では、大きなサーフボードも、容姿端麗な観葉植物たちも、おしゃれな家具や雑貨も「最高の居場所を見つけたよ!」と喜んでいるかのよう。 一戸建て注文住宅でしか実現できないオリジナリティにあふれていました。 まず、玄関を開けると2m90㎝のサーフボードを収納するスペース。 「最初は建売住宅やマンションも検討しましたが、この天井高を確保した物件が無くて。注文住宅一択になりました」とAさんは語ります。 ご主人のサーファー歴は30年、奥さまはスキューバダイビング歴15年(サーファー歴3年)!そんなふたりがカリフォルニアヴィレッジのロケーションに惹かれたのは、とても自然なことでした。 「朝起きたら朝食の前にぶらっと波の様子を見に行って、それから仕事に出かけたりして います。時間があるとき、気が向いたときにすぐ海に行ける日常って、最高ですよ」との こと。 家からウェットスーツを着て出かけ、海から上がったらそのまま帰宅し、カバードポーチ 横のシャワーで砂を流して家へ…。 まるで《プライベートな海の家》のような使い方ができるのもサーファーズハウスの特徴です。 《2回目に続きます》 当家づくりレポート全編は、弊社公式サイト「お宅訪問」ページにて公開中!

...続きを読む

カテゴリー: カリフォルニアスタイル | コメントは受け付けていません。

夏は虫が集まりますよね!?

夏の夜、道路や公園などの街燈に群がるおびただしい数の羽虫…。 誰もが一度は目にしたことのある光景ではないでしょうか。 虫は光に寄ってくる習性があるので、夜はなるべく窓を開けないという人も多いでしょう。 カバードポーチの灯りについても、こんな質問をいただきました。 Q.夏はカバードポーチのライトに虫が集まって、バーベキューどころではなくなるのでは? A.結論から言うと、“虫が寄りつきにくい照明器具”を使えば問題ありません。 それは「LED」です。 省エネ性や「熱くならない」という特性から、クリスマスシーズンの街路樹イルミネーション等、大がかりな電飾用に使われてきた電球ですが、最近では家庭用の照明器具にも使われることが多くなりました。 というのも、電気代が節約できることに加えて、“虫が寄り付きにくい”ことが判ったからです。 これは、LED電球の光が放つ波長は、白熱灯や蛍光灯が放つ波長に比べて「虫が感じ取りにくい」からなのだそう。 福遼建設では、カバードポーチやエントランスのマリンランプには、もちろんLEDを採用。 夏の夕涼みも、秋の夜長のバーベキューも、虫を気にすることなく楽しめますよ!

...続きを読む

カテゴリー: カリフォルニアスタイル | コメントは受け付けていません。

カリフォルニアから買い付けてきました!~アメリカンフェンス~

カリフォルニアスタイルの家には、重厚感のある塀よりも、風通しの良い金網フェンスが似合います。 弊社代表の福留が、昨年のカリフォルニア視察ツアーで「アメリカンフェンス」を買い付けてきました。ホームセンターで売られている金網ではなく、亜鉛メッキされたシルバーの、ちょっと無骨な質感のフェンスです。 カリフォルニアスタイルハウスのフェンスは、敷地を“囲う”ためだけのモノではありません。たとえば、コレクションの看板や標識を飾ったり、ガレージの中に設置してヘルメットを掛けたり。 装飾として使われることが多いのも、アメリカンフェンスの特徴です。 現在建築中の福間ビーチのモデルハウスと、アヴァンセヴィラ須恵中央Ⅴの建売分譲にも、この現地買い付けのアメリカンフェンスを設置する予定。それぞれ違う使い方なのですが…その違いは、完成後のお楽しみ!オープンハウスの際には、ぜひフェンスにも注目してくださいね。 現地買い付けアメリカンフェンスは数に限りがあります。購入ご希望の方、価格等の詳細を知りたい方、実物を見てみたい方は、お早めにご連絡ください。

...続きを読む

カテゴリー: カリフォルニアスタイル | コメントは受け付けていません。

還暦間近ですが、まだまだ頑張りますよ♪

今月の一問一答スタッフ紹介は、カリフォルニアスタイル発足当時は「これは若手に任せたほうがいいな」と、ちょっぴり及び腰だったというベテランコンサルタント 原 清。 還暦を目前にして吹っ切れたのか、最近ではサーファーズハウスのPRにも積極的。ヤル気に満ちあふれています! 問① 出身地は? 問② 出身校は? 問③ 趣味は何ですか? 問④ 家づくりで大切にしていることは? 以上、原の一問一答でした! さて、来月の一問一答は誰が登場するでしょうか?お楽しみに。

...続きを読む

カテゴリー: スタッフ紹介 | コメントは受け付けていません。

カリフォルニアスタイル物語 No.5 〜福岡にカリフォルニアヴィレッジ誕生〜

カリフォルニアスタイル物語1.2.3.4はこちらをご覧ください。 1.カリフォルニアスタイル物語 No.1 ~きっかけはハーレー!~ 2.カリフォルニアスタイル物語 No.2 ~建てちゃった!~ 3.カリフォルニアスタイル物語 No.3~東京研修へ~ 4.カリフォルニアスタイル物語 No.4 〜本場カリフォルニアへ〜 「モデルハウスの次は『町』を創ろう!」 アメリカから帰国した福留は、そう決心したのでした。 福岡にはサーファーズハウスだけが建ち並ぶ集落はありません。でも、サーファーズハウスが似合うロケーションはあります。それが、海の中道の先にある“大岳”でした。 「まずはここにモデルハウスを建てて、“海辺の町のサーファーズハウス暮らし”を体感してもらおう。そして同じ趣味を持った世帯が集まれば、きっと生活は楽しくなるはず。」 そんな想いから誕生したのが『カリフォルニアヴィレッジUMINAKA』です。 もちろんリスクはあったけれど、それ以上に「完成した時の楽しみ」のほうが大きかった、と福留は当時をふり返ります。 昨年GWのモデルハウスオープンから4ヵ月ちょっとで、モデルハウスを含む3区画が完売。3棟の粋なサーファーズハウスが集まる、小さな異国の町が完成しました。理想どおりのお施主様たちに巡り会えたことはもちろんですが、この町はもうひとつ大きな希望をもたらしてくれました。 モデルハウス公開中は、県内外から延べ300組以上のお客さまがご来場。こんなにたくさんの人が興味を持ってくれている!ということが分かったのです。 「大丈夫、受け入れられている」 その確信は自信に変わり、次のステージ“福間ビーチ”へと続きます。

...続きを読む

カテゴリー: カリフォルニアスタイル | コメントは受け付けていません。

あったほうがぜったいイイ!「収納力」

収納には「魅せる収納」と「隠す収納」があると言われています。 今回は、隠す収納=すなわち「実際の収納」について考えてみましょう。 部屋は広いけれど収納が少なければ、けっきょく大きなタンスや収納棚が必要。逆に、部屋自体が狭くてもいつもスッキリ片付いていれば、生活スペースを「有効に」使えますよね。 だから福遼建設は、たとえ狭小地に建てる場合でも「収納」が充実した間取りにこだわるのです。 たとえば弊社の建売分譲住宅は、玄関横にはシューズクローゼット、キッチンにはパントリー、脱衣所にはリネンクローク、1・2階それぞれに家族みんなの共用収納スペース、寝室にはウォークインクローゼットを標準仕様で備え付けます。 これらは、ほとんどのお施主様、とくに奥様に大好評なのです。 また、キッチンと洗面室の間には“家事室”を設け、部屋干しができるスペースも。導線の良さと収納力は、体力的にも精神的にも奥様にかかる負担を和らげてくれるのです。 来月は「魅せる収納」についてお話します。

...続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

カリフォルニアヴィレッジ福間ビーチって、こんなところ

先日地鎮祭が終わり、現在基礎工事中の「カリフォルニアヴィレッジ福間ビーチ」モデルハウス。 モデルハウスの見どころと仕様については、完成が近づいてから改めてご紹介するとして…今回は、この「カリフォルニアヴィレッジ福間ビーチの概要」についてお話しします。 この分譲地の魅力は、なんといっても道路1本向こう側がすぐ海!という、「海好き」さんにはたまらないロケーション。 福間海岸はサーフィンやボディボードなどのマリンスポーツが盛んで、九州の湘南とも呼ばれているのだそう。 海岸通りにはサーフショップやおしゃれなカフェが建ち並び、夏には多くの海水浴客で賑わいます。また、福津の海岸で開催される「福津市納涼花火大会」も、県内屈指の夏の大イベント。なんと当モデルハウスから豪快な海上花火が鑑賞できるんです! 花火は夏だけの催しですが、海に沈むオレンジ色のサンセットは一年中眺められます。嵐が出演するTVCMで有名になった「光の道」がある宮地嶽神社もすぐ近く。年間を通して県内外から多くの観光客が訪れます。 都心で生活する人にとっては、リゾート地といっても過言ではないほどの非日常感が漂うエリアですが、JR福間駅までも徒歩圏内だし、快速を使えば九州の陸の玄関口:博多駅まではたったの20分。通勤・通学、毎日のお買い物…何も不便なことはないのです。 モデルハウスは5月にグランドオープンの予定ですが、他の2区画の分譲地は2月から販売開始します。海岸近くのカリフォルニアスタイルハウスに興味がある方は、ぜひお問合せください!

...続きを読む

カテゴリー: カリフォルニアスタイル | コメントは受け付けていません。

バツグンの収納力&家事導線 アバンセヴィラ須恵中央の広々4LDK

今月の施工事例紹介は、アバンセヴィラ須恵中央Ⅴ11号地に完成した弊社イチ押しの建売住宅です。おススメする理由は、次のとおり! 【アクセス良好!平均床面積より5坪も広い4LDK】 JR香椎線「須恵中央」駅まで徒歩4分。通勤・通学に便利です。延床面積はゆとりの38.57坪!LDKは17.7帖、リビング横には4.5帖の和室も隣接。陽当たりも良好です。小さな庭もあるので、ガーデニングも楽しめますよ。 【すっきり暮らせる、たっぷり収納】 まず玄関ドアを開けると左手に大容量のシューズクローク。そしてその奥にはハンガーパイプがあるので、帰宅したらすぐにコートや上着を脱いで掛けられます。来客時にも便利ですね。そして主寝室のウォークインクローゼットはなんと4.5帖。かさばる寝具もシーズンオフの家電もラクラク収納できます。また、脱衣室にはリネンクローク、キッチンにはパントリーと、とにかく収納力の優秀さには自信あり! 【独立した洗面台】 通常、洗面台は脱衣室内にありますね。でも、この家では洗面台が独立しているんです。つまり、家族の誰かが入浴中・脱衣中でも気兼ねなく洗面台が使えるということ。泊り客がいる時には特に助かります。 【奥様の家事、ぜったいラクになります!】 主婦目線の家事導線は、弊社が得意とするところ。同物件にも、浴室・脱衣室・洗面台の横に家事室を設けました。収納棚とカウンター、天井に昇降式の物干しがあるので、部屋干し→たたむ→収納がここだけで完結。「家事室」は、買い物から帰宅して着替える間ちょっと荷物を置く場所としてもよく使われています。 2階のホールにも昇降式物干しがあるので、ここでも室内干しが可能。もちろん天気のいい日にはインナーバルコニーに干すこともできます。 弊社Instagramで大反響の分譲住宅です。気になる方は、お早めにご連絡くださいね。

...続きを読む

カテゴリー: 施工事例 | コメントは受け付けていません。

グラスウールと吹き付け、どっちがいいの?

今やネットでなんでも調べられる時代。 家の性能を大きく左右する“断熱材”についても、実にさまざまな「声」が飛び交います。 そこで今月は、お客さまから寄せられる以下の質問を取り上げます。 Q.福遼さんの断熱材は「高性能グラスウール」とのことですが、吹き付けのほうが優れていると聞きました。 実際のところ、どうなんですか? A.まずは、グラスウールと吹き付け断熱材、どちらにも共通する悩みについてお話しましょう。 それは「断熱欠損」という問題です。 建物全体の断熱材本来の機能を果たすには、断熱欠損させないこと、つまり断熱材が効いていない「隙間」を作らないことがとても重要。 一見、現場吹き付けなら断熱欠損しないように思えますね。 ところが、吹き付け作業は工程上、“壁下地よりもかなり前”なので、この後の配線工事や設備管などで邪魔モノ扱いされて剥ぎ取られる事例が後を絶ちません。 その上、専門業者でないとうまく発砲しないため工事金額も割高になります。 弊社では、専門業者ではなく大工さんが行う「高性能グラスウール」を標準仕様としていますが、グラスウールもまた施工方法によって断熱性能が変わることが証明されています。 だから私たちは、決して大工さんに任せっぱなしにはしません。 全棟、第三者機関を導入し施工管理します。大工さんを信用していないわけではなく、どうしても人によってムラが出てしまう欠点を補うためです。 グラスウールは正しく施工すれば吹き付けと変わらない性能を持った商品。 逆に、吹き付けを採用しても施工の仕方が悪ければせっかくの機能が台無しになるのです。 どっちが良くてどっちが悪いか、ではなく、施工方法によって性能が変わるということを理解していただけたら、と思います。 大切なのは、断熱材は何を使っているか?ではなく「どんな施工管理をしているか」ということ。 福遼建設では、第三者機関を導入し徹底した施工管理で「断熱欠損」を防ぎます。 安心してお任せください。

...続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

こんな色が欲しかった!無垢の【ヴィンテージウッドパネル】

青い空と海、心地よい風、木々の緑。周りの自然に馴染む“建材のナチュラルな質感”も、カリフォルニアスタイルハウスの大きな魅力のひとつですね。 今日は、そんな自然素材の温もりが感じられるスペシャルな内装材を紹介します。 昭和5年から材木の加工・卸・販売を行なう三重県の老舗材木会社「なかの材木会社」さんが展開するブランド「WOOD LOVER’S」のヴィンテージ加工ウッドパネルです。 この度、弊社でも取り扱うことができるようになりました! このウッドパネルは、国産天然杉の無垢板に塗装とエイジング加工を施し、古材調に仕上げたもの。 ほどよく使い込まれたアンティーク感・ヴィンテージ感が漂い、カリフォルニアスタイルハウスの内装にはぴったりです。 サネ加工(キレイに貼り合わせられるように板の側面に凹凸をつけること)が施されているので、DIYで部屋の雰囲気を変えたいというお客さまにもおススメですよ! カリフォルニアスタイル定番のナチュラルホワイトやソフトブルーの他に、ポップなナチュラルレッドやソフトイエロー、落ち着いたインダストリアルカラーやクラシックカラーまでカラーバリエーションは豊富です。 福遼建設本社にサンプルを揃えていますので、興味のある方はぜひ実物を見に来てください。 ※写真は、WOOD LOVER’S×カリフォルニア工務店のコラボレーションカラー「ターコイズ」のウッドパネルを使った施工例です。

...続きを読む

カテゴリー: こだわり | コメントは受け付けていません。