収納たっぷり×2つの動線 ~カリフォルニアヴィレッジ福間ビーチ~

福遼建設のこだわりをいっぱい詰め込んだ「カリフォルニアヴィレッジ福間ビーチ」のモデルハウス。

今回は、今年3月入社の富松が、「このモデルハウスで一番インパクトがある!」と太鼓判を押す、“玄関まわり”の魅力をご紹介します。

土間が広い、収納もたっぷり!

玄関を入ってまず感じるのが、その広さです。

木目調のタイル張りの土間は、高さも十分にありサーフボードもラクラク収納。

オーダー家具のミッドセンチュリーの香りがする下駄箱が存在感を発揮しつつ、シューズクロークも別にあるので、玄関まわりのモノをスッキリ収納できます。

2つの動線

玄関からはリビングのほかに、洗面脱衣室に直行できる動線も。

玄関から洗面脱衣室まではタイル貼りのため、海から帰った後もラクラク。

屋外シャワーで砂を落とした後、家の中を汚さず浴室まで行けるんです。

この他にも、弊社が塗装した玄関ドアやミッドセンチュリーの照明など、実際に見て体感していただきたいものがたくさん。

ご興味を持たれた方はコチラまで↓

0120-932-130

カテゴリー: カリフォルニアスタイル | コメントは受け付けていません。

ウイルスもカビも寄せ付けない 風がぬける家

まだまだ新型コロナの予防対策に気を抜けない日々。

手洗いうがいなどはもちろんですが、毎日吸っているお家の空気がキレイであることも大切ですね。

お家の空気をキレイに保つには、まずは換気が十分にできること。

“空気の通り道”をきちんと確保し、空気がよどまないようにすることが大切です。

福遼建設では、間取りや窓の位置などを工夫して窓を対角線上に配置したり、家事室やクローゼットなどの小部屋にも窓を設けることで、空気の通り道を確保しています

弊社がご提案するカリフォルニアスタイルの家であれば、カバードポーチに面する大きな開口部や、空気をかきまわす天井のシーリングファンがあるため、空気がこもる心配はさらに少なくなります

また、風通しが悪いお家は、ウイルスだけでなくカビなどの面でも心配です。

特に高温多湿な日本の夏は、風通しが悪いと湿気が溜まり、カビや腐れなどが発生しやすくなります。

住む人と家、両方の健康を支える“空気の通り道”は、ウイルス対策だけでなく、湿気やカビ対策にも有効なのです

カテゴリー: カリフォルニアスタイル | コメントは受け付けていません。

西海岸の風が吹く!海辺の家を演出する男前アイテム ~ロープ手すり~

夏に向けてますます輝いて見えるカリフォルニアスタイル

今回は、西海岸の風を運んでくる男前アイテムをご紹介します。

それは、たゆっとした波型がオシャレな「ロープ手すり」

階段の手すりをロープにするだけで、思いっきりマリンな気分に。

実は、弊社がロープ手すりを扱うきっかけとなったのは、お施主さまのアイデアとご要望から

お施主さま宅で採用させていただき、モデルハウスでも取りつけてみることにしたんです。

実際、モデルハウスにご来場されたお客さまにも好評で、「かわいい!」「こういうの探してました!」「ひとつひとつがオシャレ!」という感想をいただきました。

ビーチテイスト抜群で、遊び心いっぱいの「ロープ手すり」

ぜひモデルハウスで体感してください!

モデルハウス見学ご希望の方はコチラまで↓

0120-932-130

カテゴリー: カリフォルニアスタイル | コメントは受け付けていません。

コンパクトな空間にバツグンの収納力! 小上がりと小屋裏収納付き『アバンセヴィラ和田Ⅴ』完成

子育て世代に人気の篠栗町の分譲地:アバンセヴィラ和田Ⅴに、限られたスペースをとことん有効活用した、遊びゴコロのある建売住宅が完成しました。

まず注目して欲しいのは小屋裏収納をはじめとする収納力の高さですが…。

『小屋裏収納って、なに?』という人のために簡単に解説を。

傾斜がある屋根の場合、最上階の天井と屋根の間に空間が生まれます。このスペースを収納として活用するのが小屋裏収納。同物件の小屋裏収納は、大容量の2.5坪!季節モノ、使用頻度が低い大きなモノの収納にぴったりのスペースです。

また、玄関を開けると50足は収納できるシューズBOX、ホールにはコートや上着が掛けられるクローク、その奥にもさらに収納。キッチンのパントリー、脱衣室のリネンクローク、2階廊下の物入、主寝室のウォークインクローゼットと、これだけの収納があれば、誰だって片付け上手。すっきり暮らせます!

福遼建設のモットーでもある主婦目線の導線はもちろん、間取りのプランニングには『これからの時代に備えた工夫』も散りばめました。

たとえば、LDKと主寝室のカウンター。LDKのカウンターは、小さいお子さんがお絵かきや宿題をするのにもおすすめ。奥さまがキッチンで作業中でも目が届くから安心です。主寝室のカウンターデスクは、テレワークに最適です。

そして、主寝室にはちょっと嬉しい“小上がり”があります。1.5帖大の多畳敷きで、カウンターと収納もあって、使い方は住人次第。ミニ書斎、読書部屋、ストレッチスペース、ギャラリー、趣味の部屋と、ライフスタイルに合わせてどんなふうにも使えます

実物を見たい、周りの環境も確かめたいという方は、ぜひ現地にお越しください。見学はいつでも可能です。お問合せ(ご予約)をお待ちしております。

フリーダイヤル:0120-932-130

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

カリフォルニアテイストの空間で 『今』を快適に過ごすHAPPYな暮らしを!~アバンセヴィラ須恵中央Ⅴ 2号地~

JR香椎線「須恵中央駅」まで徒歩4分、バツグンのロケーションで人気の分譲地アバンセヴィラ須恵中央Ⅴに、カリフォルニアテイストの建売住宅が誕生しました!

玄関を開けると横には大容量のシューズクローク。

趣味で集めているスニーカー、ベビーカー、キャンプ用品などもラクラク収納できます。

そしてシューズクロークのすぐ裏側にはコートやジャケットをかけるスペースも。

約20帖のゆとりあるLDKは、リビング側の「見せ梁」がポイント。ここにハンモックを吊るしたり、サーフボードを飾ったりできるんですよ。

キッチンの後ろには約4帖大の家事室があり、物干しスペースやカウンターを完備。洗濯物の室内干しはもちろん、奥さまの趣味の空間としても活用できます。

2階の3室には、どの部屋にもたっぷりの収納スペース(3室中の2部屋に広々ウォークインクローゼットを完備)が。

夜中に目覚めて階段を降りなくてもいいように、安全面も考慮して2階にもトイレを配しました。

1階はリビングと家事室に、2階は主寝室に備え付けのカウンターを設置しているので、好きな場所でテレワークが可能。PC作業台としてだけでなく、メイク台、お子様の学習机代わり、といろいろな使い方ができます

そして仕事の合間の休憩は、広~いカバードポーチで。テーブルと椅子を出してコーヒータイムを楽しんだり、仕事終わりに晩酌をしてみたり。

全面屋根付きなので、少しぐらい雨が降っても問題ありません。

福遼建設の“これからの家”は、「楽しみ方・使い方は住人が決める」というコンセプト。だから、誰もがHAPPYに暮らせるはず。百聞は一見に如かず!気になる方はぜひ現地にお越しください。

内覧は6月27日より可能です

詳細は下記フリーダイヤルにてお問合せください。

フリーダイヤル:0120-932-130

カテゴリー: カリフォルニアスタイル | コメントは受け付けていません。

ジメジメ季節の到来! カバードポーチの梅雨対策

ジメジメとうっとおしいシーズンになりました。

今日は、カリフォルニアスタイルハウスの標準仕様「カバードポーチ」の梅雨対策についてお話します。

屋根があるとはいえ、激しい雨が降ればポーチ内は濡れてしまいます。

防カビ・防腐の観点から、弊社が建てる家のデッキには材木ではなく樹脂を使っていますが、柱や手すりは天然の木材です。雨が止んだら、自然に乾くまで放置するのではなくこまめに拭きあげてください。

雨の中を走った車は、乾いたら水垢が目立って汚くなりますよね。柱も同じです。放っておくとアクのような斑点が現れ、劣化が早まってしまいます。

デッキ(床)は樹脂なので、デッキブラシでゴシゴシこすらずモップなどで拭きあげればOK。落ちにくい汚れには、メラミンスポンジがおすすめです

弊社モデルハウスのブランコベンチのクッションマットは、2018年4月のオープン以来ずっと敷いたままの状態です。

カバードポーチ内にありますが、やはり雨足が強いと濡れてしまいます。耐水クッションなので、まだ破けたりカビが生えたりはしていませんが、たまにメンテナンスのためにマットを取り外すと、ブランコ本体との接地面に汚れが溜まってかなり掃除が大変。また、紫外線による色褪せも避けられません。

ですから、カバードポーチにブランコベンチを取り付けられたお客さまには「使うときだけクッションを敷く」ようアドバイスしています

カバードポーチがあれば、外に出られない日も「おうちDEアウトドア」が楽しめます。正しく手入れして、できるだけ長く居心地のいい空間をキープしてくださいね!

カテゴリー: カリフォルニアスタイル | コメントは受け付けていません。

ビーチから歩いて10分! 閑静な住宅地に建つ【海を感じられる家】~三苫2丁目 新規分譲~

玄界灘を望む透明度の高いビーチ「奈多海岸」。

バーベキュースポットとしても人気です。ここから歩いて10分の閑静な住宅地に、福遼建設が自信を持っておススメする新規建売分譲住宅が完成しました!

外観はシンプルでありながらも、海を感じさせるサーファーズハウス風。

間取りは主婦目線の家事導線をしっかり考えたプランニングで、2階には収納たっぷりの洋室が3部屋。

主寝室には、パソコンデスクとして使えるカウンターテーブルも備え付けられているので、在宅ワークなどの“これからの時代”にもしっかり対応します。

約16帖のLDKは、吹き抜けとおしゃれなシーリングファン、そして光と風が通り抜けるオープン階段で、バツグンの解放感を演出

オープン階段下の空間を利用して、小さなお子さんの遊び場として使える敷畳スペースを設置しました。

リビングからつながるウッドデッキは、窓を開け放てばアウトドアリビングになります

家事室とダイニング横にもカウンターテーブルがあるので、奥さまのパソコン作業やお子さまの学習スペースに使えます。

同物件は現在内覧可能です。

内覧ご希望の方は、下記フリーダイヤルよりお問合せください。

フリーダイヤル:0120-932-130

カテゴリー: 施工事例 | コメントは受け付けていません。

カリフォルニアハウス仕様のポストと外灯

アメリカの映画の中から飛び出したような、カリフォルニアハウス。

でも、郵便受けや照明などが隣近所と同じありきたりなモノだったら…

「残念!惜しい!」って気分になりますよね。

弊社代表の福留とインテリアスタイリストは、昨年合衆国カリフォルニア州を訪れ実際に人が住んでいる家の内装をしっかり視察してきました。

だから、敷地内のアイテムのセレクトにかけては抜かりありません!

【ダルトン MAIL MASTER PLUS】

海外の街でよく見かける、可愛いらしいフォルムの郵便受け。Made in USAです。

側面の赤いレバーは、欧米では「郵便物を集荷してください」という配達員への合図用なのだとか。もちろん日本ではこの用途では使いませんが、「帰っているよ」「出かけているよ」などの家族どうしのサインに使えるかも?

【エクステリアライト(外灯)】

「え?これって外灯ですよね?個人宅の庭にあるのが不思議!」

モデルハウスを訪れたお客さまは、そう言って驚かれました。

そうなんです、これは外国の街並みの中に立っているような外灯。それを自宅の庭に設置するというぜいたく感! ちょっと高い所から、家と住人の暮らしを明るく照らしてくれる、庭の名脇役です。

カテゴリー: カリフォルニアスタイル | コメントは受け付けていません。

モデルハウスOPENから1ヶ月! ミッドセンチュリーモダンスタイルが大人気

カリフォルニアヴィレッジ福間ビーチのモデルハウスオープンから1ヶ月が経ちました。緊急事態宣言が延長されたタイミングでのオープンだったため、ご予約優先・個別のご案内となりましたが、足を運んでくださったお客さまからはたくさんの嬉しい評価をいただきました。特に反響が大きかったものをご紹介します

ミッドセンチュリーモダンスタイルの主寝室

これまでのカリフォルニアハウスの内装は、サーファーズテイストを全面的に打ち出したインテリアが主でしたが、今回は主寝室をミッドセンチュリーモダンスタイルでコーディネート。ダークな色調の壁にカラフルなアートを飾り、少し都会的で洗練された1940~1960年代のアメリカンスタイルを演出してみました。

広い土間と、使い勝手バツグンの動線

玄関から家の反対側まで続く広い土間は、サーフボードやウエットスーツに限らず「自転車置き場にもちょうどいい」と、マリンスポーツをやっていないお客さまにも大好評。そして、ご来場いただいたすべての人が「よく考えられていますね!」と絶賛したのが、玄関・土間からホールやリビングを通ることなく直接洗面脱衣所に行ける導線。汗をかいたり汚れたりして帰ってきたときに、とても使い勝手のいい間取りなんです。

今回、モデルハウスで初めて本格的なミッドセンチュリーの部屋を造り、皆さんの好意的な反響にスタッフもひと安心。これからも、カジュアル志向から本格志向までさまざまなニーズに合わせた提案を行っていきます。進化するカリフォルニアスタイルに、ご期待ください!

カテゴリー: カリフォルニアスタイル | コメントは受け付けていません。

家族で過ごす場所、お客さんを招き入れる場所 ポイントを押さえたリビングのレイアウト

福遼建設が建てる2階建ての家の間取りは、一般的にはこんな感じです。

【1階】

玄関、ポーチ、LDK、和室、トイレ・浴室・洗濯場などの水回り、家事室

【2階】

主寝室、子ども部屋(1~2部屋)、ベランダ

今回は1階の間取りについて解説します。

地形や広さによっても異なりますが、一般的には陽当たりがいい南側にリビングと和室を配し、水回りは北側に導線を考えて配置します。

現在新築物件ではリビングとダイニングキッチンが一体化したスタイルが主流ですが、これはより広く開放的に見せるという効果があるからです。ただ、キッチン・ダイニング・リビングが一直線上にありその先が外、といった場合。外から家の中が丸見えになるのはちょっと…という不安もありますよね。気になる人にはL字型のLDKなどがおすすめです。

また、リビングの一部を吹き抜けにする間取りもここ数年人気です。2階の居住スペースが少し狭くなってしまい、空調にも工夫が必要になるというデメリットもふまえたうえで「どうしても吹き抜けにしたい」場合はご相談ください。

家族の“和”を考慮して階段をリビング内に設置する、いわゆる「リビング階段」を採用した物件も増えています。でも、来客時などはリビングを通らずに2階に移動したい、という事もあるでしょう。家族団らんだけでなく、仕事の打ち合わせなどにもリビングを使うというのなら、廊下への階段設置をおすすめします。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。