良い家は、良い土地に建ってこそ。「どこに住むか」は大事でしょう? ~不動産事業部 事業部長:中村 和也~

今月のスタッフ紹介は、福遼建設の建築条件付き宅地・建売住宅の販売事業を支える、弊社いちばんの古株であり縁の下の力持ち!不動産事業部部長の中村 和也です。「いい土地を誰よりも早く見極め、より安く仕入れ、お客様に喜んでいただく」をモットーに日々奮闘中!

-Q.仕事の内容を簡単に説明してください。

土地を仕入れて、「建築条件付き」や「建売」で、うちの営業に売ってもらいます。あるいは中古住宅や中古マンションをリフォームして再販するといった、いわゆる仕入れ業務ですね。あとは取引士の免許を持っていない社員の営業同行とか。契約書の作成は全て自分がやっています。

-Q.仕事をする上で、心がけていることは?

今はとにかく人気エリアの地価が高騰しているもんですから、無理して高い土地を仕入れないことですね。仕入れはしたけれど、高すぎて売れないのでは本末転倒ですから。

また、仕入れルートって日々変化するんです。とくにこの2~3年で急変しました。昔は売却の相談というと町の小さな不動産屋さんに頼むしかなかった。でも今はネットで地主さんご自身がどんな情報も得られます

そういった情報ソースの多様化についていくことが課題ですね。この歳になって、大変ですけど(笑)。

-Q.福遼建設の、他の工務店と違う点は?

一番は社長がお客様と近いこと。同じ規模でやっている会社と比べれば、接近の度合いが高いと思いますよ。

-Q.どんなときにこの仕事をやっていて良かったと思いますか?

どこよりも早く「売れる土地」を見つけ、うちが購入決済を完了する前にお客様と福遼建設が契約を結ぶ。そんなスピード感のある契約ができたときは最高ですね。土地がお客様の心をつかんだ、ってことですから。

-Q.これからの目標を聞かせてください。

安定して土地を仕入れ続けるのは難しいことなので、土地の仕入れだけに固執せずに、価格帯の低い区分処理や中古の戸建てを購入・フォームして再販することにも力を入れていきたいです。

プライベートでは、リタイアしたら郊外に小さなお蕎麦屋さんをオープンするのが夢です。テレビ番組の影響でおいしい蕎麦にハマっちゃいまして。あと、今自宅でやっているベランダ菜園!これがまた楽しくて(笑)。こちらももっと充実させたいですね。

カテゴリー: スタッフ紹介 | コメントは受け付けていません。

ウィークエンドはカリフォルニアヴィレッジUMINAKAへGO!

今年のGW前にグランドオープンし、オープニングイベントを終えたカリフォルニアヴィレッジUMINAKAですが、引き続き毎週土日はOPENしています。GW中は予定があって行きそびれた、もう一度見に行きたい、という方はぜひお越しください。

モデルハウス内覧をご希望の方は、水曜日以外はいつでもご覧いただけますので遠慮なくお問合せください。

また、毎週土日は不定期でイベントも開催(7月20日(土)・21日(日)のサマーイベントは開催決定していますが、その他の土日も「何か」がある!?)。福遼建設で家を建てていただいたオーナー様、これからマイホームの購入を考えている方はもちろん、「カリフォルニアスタイル」になんとなく興味があるという方、インスタ映えする写真を撮影したい!という方も大歓迎です。

イベントの詳細は、決まり次第随時弊社ホームページ、Instagram、Facebookでご案内しますので、まめにチェックしてくださいね!

カテゴリー: カリフォルニアスタイル | コメントは受け付けていません。

ちょっと昔、そこにはアメリカがありました ~大岳・西戸崎ってこんな町~

海の中道から志賀島向かう途中に、西戸崎・大岳という町があります。
ここは、南北を海に挟まれた白い砂浜がきれいなリゾートエリア。

とても福岡市内とは思えない自然豊かな風景が魅力です。
この地域はかつて炭坑で栄え、戦後はキャンプハカタという米軍基地がありました。

基地が返還されたのは1972年。それまで西戸崎には、小さなアメリカがあったのです。

町の入り口には教会があり、商店街には横文字の看板が連なり、道路にはフォードやシボレーが走り、アメリカ人は地域の子どもたちから「ハロー」と呼ばれていました。

実は現在の海の中道海浜公園が、そのキャンプハカタだったのです。
1954年2月、マリリン・モンローと元大リーガーのジョー・ディマジオが新婚旅行で来日し、2月8日~10日に福岡を訪れたことは有名ですね。

2月10日、マリリン・モンローはキャンプハカタを慰問。
兵士たちから熱烈な歓迎を受けたのだそうです。

基地が返還された今でも、西戸崎には当時民間が経営していた賃貸物件「米軍ハウス」が残っていて、いくつかはリノベーションされて再利用されています。

また、町の中には1950~1960年代のアメリカを思わせるおしゃれなカフェなどが点在。

車で志賀島に向かう人たちには素通りされがちなエリアですが、ぜひ立ち寄ってみてください。

ちょっとした非日常的風景が楽しめますよ!

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

個性的なフォルムも魅力!カリフォルニアスタイルのランプたち

カリフォルニアヴィレッジUMINAKAのモデルハウスより、今日は【照明器具】にスポットを当てて紹介します。

サーファーズハウスといえば「マリンランプ」ですよね。カリフォルニアヴィレッジのモデルハウスにも、多種多様なマリンランプが。

中でも、ガレージの上部に付いているランプとホールからリビングに入る途中の壁にあるランプをチェックしてみてください。

これは、弊社社長が雑貨屋さんで見て一目惚れしたものです。ボディがアルミなので軽量で、取り付けも簡単。カリフォルニアスタイルの家には絶対映えます!

1階リビングの中央にあるシーリングファンのようなフォルムのライトにも注目してみてください。これは東京のアクメファニチャーから買い付けてきたもの。

遊びゴコロがあるけれど、どこか無機質でクール。独特の存在感を放ちます。

他にも、2階の主寝室、階段の上などにも趣向を凝らしたお洒落なライトを配しました。カリフォルニアヴィレッジにお越しの際には、ぜひチェックしてくださいね。

カテゴリー: カリフォルニアスタイル | コメントは受け付けていません。

7月20・21日サマーイベント出店者様募集!

来たる7月20日(土)・21日(日)の2日間、カリフォルニアハウスでおなじみの弊社粕屋住宅展示場を開放して、サマーイベントを開催!!出店協力していただける方を募集中です。

フード、物販、ワークショップ、木工教室など、小さなお子様から大人まで楽しめる2日間にしたいと思っています。暑い夏をみんなでエンジョイしましょう!

出店希望者様はDMでもいいですが、できればプロフ→HP→お問合せ・資料請求からコメントをお送りいただくようお願いします。なお会場のスペースの都合上、いっぱいになり次第締め切らせていただきます。また、告知広告の都合上、7月上旬には応募を締め切らせていただきますのでご了承ください。ご応募お待ちしております!

日時:7月20日(土)21日(日)

10:00~17:00

場所:糟屋郡粕屋町原町1-3-17

出店料:無料

応募締切:7月上旬

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

カリフォルニアヴィレッジUMINAKAモデルハウスご来場者様の声 ~ガレージ・玄関編

4月27日にグランドオープンしたカリフォルニアヴィレッジUMINAKAのSurfer’s

house。オープンから5月6日までの10日間の連休中、たくさんの方にお越しいただきました。モデルハウス内部を見学していただいた方から寄せられた声をいくつかご紹介します。

家の中に入る前にまず玄関横のガレージに目が行くというのはご主人方。

「自分の愛車を置いた“絵”をイメージしちゃいますね」

「建物の中にガレージがあるって贅沢ですね。マンションの駐車場みたいに、他人や他人の車に気を遣わなくていいし」

「車を置くならやっぱりシャッターが欲しいな。後から付けられるんですよね?」

と、それぞれの“ガレージのある暮らし”を思い浮かべながら目をキラキラさせて語ってくださいました。中には、試してみてもいいですか?と実際に車を入庫した人も(笑)!

玄関はコンクリート打ちっぱなしの仕上げになっていますが、ここにイベントに出店していただいたJokerさんがクールなデザインロゴを描いてくれました。

「これ、かわいい!うちにも描いてもらいたい」

と大好評でした。Jokerさん、ありがとうございました!

玄関からLDKへのアプローチには室内床にビンテージタイルを貼っているのですが、これには奥様たちが好反応。

「こんな床材があるんですね~!?ほんとうにアメリカのお家みたい」

「この家の雰囲気に合っていますね。フローリングよりも数倍イイです」

とたくさんのお褒めの言葉をいただきました。

LDK・カバードポーチ編は後日掲載します!

カテゴリー: カリフォルニアスタイル | コメントは受け付けていません。

ツーリングの途中に見つけた材木の壁がヒントでした ~キューブ壁面パネル~

カリフォルニアヴィレッジのモデルハウス【Surfer’s House】が、オープンから約1ケ月半経ちました。ご来場いただいたお客様は皆、テレビ背面の凹凸のあるポップな壁面パネルを見て「こんな壁初めて見ました!カッコイイですね」と言ってくださいます

以前の記事でも書いたように、この壁面パネルは弊社社長:福留の手づくりです。社長がこのパネルを作ろうと思いついたのは、朝倉町をツーリングしていたときのこと。

偶然立ち寄ったお店でキューブ型の木材を貼り合わせた風変りな壁を見て、「これを白やターコイズブルーにペイントすれば、カリフォルニアスタイルハウスに合う」と直感したのだそう。

ただし、キューブパネルだけでは完成形ではありません。濃い木目のアクセントクロスとセットで合わせてこそ、メリハリのあるミッドセンチュリースタイルができあがります

「柱や梁などの余り木材でできるし、ナチュラルな木目を生かすのもいいし好きな色にペイントして家のテーマカラーにするのもいい。貼り合わせるだけだから、需要が増えれば福祉工場などに発注することもできる。いろんな可能性を秘めた壁だと思っています

と福留は語ります。

カリフォルニアヴィレッジのモデルハウスは、展示後分譲販売予定。もちろん、カッコイイだけじゃない魅惑のキューブパネルも一緒です!

カテゴリー: カリフォルニアスタイル | コメントは受け付けていません。

6月1日(土)・2日(日)は カリフォルニアヴィレッジUMINAKAミニマルシェにLet’s Go!

6月1日(土)・2日(日)の2日間、カリフォルニアヴィレッジUMINAKAでミニマルシェを開催します

ハンドメイド雑貨のお店、お子さまも一緒に楽しめるワークショップ、そして今回はカリフォルニアスタイルハウスにぴったりの多肉食植物専門のお店が初出店!手のひらサイズの可愛いサボテンから大きな鉢植えまで勢ぞろいします。

キッチンカーでは、最近大人気のタピオカドリンクやチーズハットグを販売。本格的な梅雨に入ってしまう前に、ひと足先にカリフォルニアスタイルの夏を一緒に楽しみましょう!

現地付近では、カリフォルニア州旗がデザインされた誘導看板を設置しておりますので、こちらを目印にご来場ください。

お車でお越しの方は「福岡県福岡市東区大岳3-14-1」でナビ検索を。どうぞ安全運転でお越しくださいね!

■開催時間:10:00~17:00

■出店者様:

カフェカーモンスターキッチンさん

カレーと多肉植物のお店Spicy Teradaさん

ピンストライプのjokerさん

アクセサリー雑貨のYumaribbonさん

詳細はホームページをご覧いただくか、0120-932-130までお問い合せください。

カテゴリー: カリフォルニアスタイル | コメントは受け付けていません。

ミッドセンチュリーってなに?

みなさんはインテリアショップなどで、『ミッドセンチュリースタイル』という言葉を耳にしたことはありませんか?

言葉自体の意味は「1世紀の半ば」ですが、建築・インテリア業界においては1940~1960年代に主に合衆国でデザインされた家具やインテリア、建築物などを指します

たとえば、家具好きな人の間では有名なイームズ夫妻のイームズチェアやジョージ・ネルソンの壁掛け時計などがミッドセンチュリーを代表するインテリア。イームズチェアとは、曲線のフォルムの軽くて小振りな椅子で、ひじ掛けのない「シェルチェア」は、今でも世界中に流通している人気デザインです。

イームズのシェルチェアは、4月27日にオープンした福遼建設のカリフォルニアヴィレッジモデルハウス2階の主寝室にも置いています。気になる方は、ぜひ実物を見に来てください

ミッドセンチュリースタイルの『色遣い』は、ターコイズブルーやブラッドオレンジなどの明るい色の壁紙に、あえてウォルナットやチークの濃い木目を合わせたような、華やかでポップな感じです。

カリフォルニアヴィレッジモデルハウス1階リビングの、テレビ後ろの壁面パネルがまさにこの色合い。

外観は白とブルーを基調にしたサーファーズハウスですが、内部には所々にミッドセンチュリーのテイストを取り入れました

アンティークだけれど親しみやすくて、ポップだけれどヴィンテージ感も備わった、ちょっと昔のアメリカのインテリアは、毎日の生活をもっと楽しくしてくれるはず。

福遼建設が提案するカリフォルニアスタイルハウスです。

カテゴリー: カリフォルニアスタイル | コメントは受け付けていません。

枠にとらわれず、頼られる人材になりたいです ~事務:城井 未希~

今回のスタッフ紹介は、福遼建設本社の受付カウンターで笑顔でお客様を迎えてくれる、事務の城井未希です。入社歴はまだ8カ月、介護業界から建築業界に飛び込んできた、がんばり屋のママさんです!

―Q.仕事の内容を簡単に説明してください

来客対応、電話お問合せ対応と、請求書・領収書などの書類の作成や発送といった、一般事務です。

―Q.福遼建設に入社した理由は?

介護士の資格を持っているのでこれまで介護職に従事してきました。でも30歳ぐらいのときに、この先ずっと介護の世界しか知らないままでいいんだろうか、と不安になり他の仕事がやりたくなって。募集条件が資格・経験不問だった福遼建設の求人に応募しました

―Q.仕事をする上で心がけていることは?
いちばん気をつけていることは「言葉づかい」ですね。お客様が来社されて、最初に言葉を交わすのが自分ですから。会社のイメージを損なわないよう、丁寧で正しい言葉を喋るよう心がけています。

―Q.福遼建設に入社して良かったと思うことは?

2歳と13歳の子どもがいるんですが、下の子が急に熱を出したりしたときも、みんな嫌な顔ひとつせず「帰っていいよ」と言ってくれます。家庭を最優先で仕事させてもらえる環境に感謝しています

―Q.これからの目標は?

少人数の会社ですので、自分はコレだけやっていればいい、という線引きはできないし、したくありません。今はまだ助けてもらってばかりですが、ゆくゆくは経理や総務などの仕事などもこなせるようになって、頼られる側になりたいですね。

カテゴリー: スタッフ紹介 | コメントは受け付けていません。