カリフォルニアスタイルの建売住宅(第2棟目)の見学会を開催! ~カリフォルニアハウス須恵駅前~

大好評の「カリフォルニアスタイル」建売分譲住宅第2棟目が完成しました。

下記の日程で完成見学会を開催しますので、ぜひご家族そろってご来場ください!

開催日

6月23日(土)・24日(日)

6月30日(土)・7月1日(日)

7月7日(土)・7月8日(日)

開催時間

10:00~18:00

場所

糟屋郡須恵町大字植木

お問合せ

0120-932-130

解放感いっぱいのカバードポーチはもちろんですが、今回のカリフォルニアハウスの見どころは完全オリジナルの個性的なLDK。空間の広がりの面白さと、アメリカンヴィンテージテイストのインテリアをお楽しみください。

上記期日以外の平日でも、お電話いただければ見学は可能です。ただし公開は販売期間中のみとなりますので、気になる方はお早目に!

かわいいワンちゃん&猫ちゃんがやってくる!

粕屋町原町のカリフォルニアスタイルモデルハウスでは、

6月24日(日)の10:00~12:00、13:00~15:00に、ペット情報誌「犬吉猫吉」さんの撮影会が行われます。九州各地から可愛いワンちゃんと猫ちゃんが50組ご来場!動物が好きな方は見学に来てくださいね。

https://www.facebook.com/inukichinekokichi/

カテゴリー: カリフォルニアスタイル | コメントは受け付けていません。

延床面積ってなに? 施工面積とどう違うの?

本日のトピックは、お客様からよく尋ねられる質問にお答えする【Q&A】です。

不動産会社の広告やサイトでよく目にする、その物件の広さを表す「〇〇面積」という表記。この面積に関する用語について、以下の質問が度々寄せられます。

Q.「延床面積と施工面積ってどう違うの?」

A.「延床面積は、固定資産税の課税対象になる部分、

施工面積は建築工事費がかかる部分すべてです」

「延床面積」とは、建物の床面積を合計した面積(2階建てなら、1階と2階の両方を合算)です。建築基準法に基づき建築確認申請書にも記載されている、固定資産税の課税対象となる部分です。一部条件もあるのですが、床の無い吹き抜け部分や、ロフト、バルコニー、ひさし、玄関ポーチ、地下室など、壁で囲まれていない部分は延床面積には含まれません

一方「施工面積」とは、実際に施工した部分、つまり建築工事費がかかる面積を指します。もちろん玄関ポーチやロフト、バルコニーもすべて含まれるので、一般的には延床面積<施工面積、ということになります。

ここで注意したいのが、《坪単価》です。

同じ規格の住宅でも、延床面積で割り出す場合と施工面積で割りだす場合では、差異が生じるということです。坪単価の算出法はそれぞれの工務店やハウスメーカーによって異なるので、あまり気にしすぎないほうがいいでしょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

カンペキな家事導線とたっぷり収納で、忙しい奥様をサポート

粕屋町の第二展示場にオープンしたカリフォルニアスタイルモデルハウス。「住むんだったら楽しみたい!」がコンセプトの同モデルハウスですが、“楽しい”だけじゃないんです。

主婦の目線で見た “使い勝手の良さ”も、自慢のひとつなのです。

●キッチンからの家事導線

モデルハウスのキッチンはリビングを見渡せる対面式。洗い物をしながらでも常に家族の気配が感じられると評判のキッチンレイアウトですが、注目して欲しいのはキッチンから真横に繋がる洗面所とバスルームです。食事の後片付けをしながら、お風呂に入る子供たちの様子を見守ることができるのです。

また、洗面所を出るとすぐに階段があるので、洗濯が終わるとリビングを経由することなくそのまま二階へ上がることができます。もちろん部屋干しでもいいのですが、天気のいい日には日当たりの良いベランダに干したいですよね!

キッチンから洗濯機のある脱衣所、そして物干しまでを最短距離でつなぐ間取り。この家事導線の良さは、ご来場いただいたすべての奥様に大好評です。

●片付かないはずがない!たっぷり収納

カリフォルニアスタイルだけでなく、福遼建設ではすべての注文住宅において、デッドスペースを極力無くしそのぶんを収納に充てる設計を推奨しています。玄関横のシューズクローゼット、キッチンのストッカー、主寝室のウォークインクローゼットはもちろん、各部屋のクローゼットや洗面所の物入もじゅうぶんな広さ。隠したいモノはしっかり隠して、スッキリ生活できますね。

カリフォルニアスタイルモデルハウスは水曜日と第1.3木曜日以外は10:00~18:00まで常時オープン。ぜひお立ち寄りくださいね。

カテゴリー: カリフォルニアスタイル | コメントは受け付けていません。

広さを感じさせる空間マジック! カリフォルニアスタイルのリビングルーム

4月7日のグランドオープンから2ケ月。「住むんだったら楽しみたい」がコンセプトのカリフォルニアスタイルモデルハウスは、住宅展示場という枠にはまることなく、家族みんなで楽しめるイベントスペースとしてたくさんの人にご来場いただいています。

今回はリビングルームをピックアップ。カリフォルニアスタイルならではの工夫・こだわりを紹介します。

●吹き抜け

モデルハウスのリビングルームは“実際には”とても広いんだよ!と自慢できるほどの面積はありません。でも、実際より広く見えることは確か。その秘密が吹き抜けと大きな窓です。天井から差す光、ウッドデッキからひと続きになる視界。上にも横にも広がりを感じる空間デザインは、カリフォルニアスタイルの大きな特徴のひとつなのです。

●カウンター

ダイニングテーブルの横に、カウンターデスクを設けました。

「ここは何をするスペースなの?」と、お客様から尋ねられることがありますが…ずばり用途はオーナー様次第!奥様の作業スペースだったり、コレクションや手作りの品を飾る場所だったり…お子様がまだ小さいときなら、ここで勉強をするのもいいでしょう。キッチンからでもリビングからでも様子がうかがえて安心です。

●ウォール

玄関からリビングのドアを開けて、パッと目に飛び込んでくるのが、絵画や写真、サーフボードが飾られたギャラリーのような青い壁面。自分の好きなものを少しずつ増やして、自分なりの空間を創り上げていく…そんな楽しみ方を再現しました。

カリフォルニアスタイルモデルハウスは水曜日と第1.3木曜日以外は10:00~18:00まで常時オープン。ぜひ遊びに来てくださいね!

カテゴリー: カリフォルニアスタイル | コメントは受け付けていません。

楽しく選んで、自分流の家。セミオーダースタイルの注文住宅 ~主婦とつくる家 Mom fit~

みなさんこんにちは。

先、弊社がプロデュースする注文住宅「主婦とつくる家Mom」についてお話しました。今日は、もうひとつの主婦とつくる家「Mom fit」を紹介します。

Mom fitは、間取り、外装、内装、設備を、私共がご用意した選択肢の中からお客様に選んでいただき組み合わせていくセミオーダースタイル。後発ながら、今ではMomを凌ぐ人気ぶりで、若い世代のご夫婦にも選ばれています。

その理由は、一定のルールを設けることで大幅なコストと時間のカットを実現したからです。そのルールとは・・・

ルール1.お打合せの時間について

お打合せの回数と時間に上限を設けさせていただきました。デザイン性を損なわないよう、コーディネーターがサポートするので安心です。

ルール2.設備・建材の仕様について

プロの目線で納得していただけるグレードの商品を準備しました。カラー選択でお客様の好みのスタイルをつくることができますので、仕様の変更はお受けしておりません。

ルール3.お打合せ終了後の変更について

現場の進行をスムーズにするため、またお客様に予定外の費用負担を強いることのないよう、お打合せ終了後の変更はしないルールとなっております。

福遼建設は『家は暮らしを楽しめる空間であるべき』と考えます。抑えるところは抑えて、自分が好きなこと・興味があること(たとえば、インテリアなど)にこだわって、自分流の楽しみ方をライフスタイルに組み込んで欲しいと思っています。

そして、そんな気持ちに共感してくださるお客様に選ばれているのがMom fitなのです。

カテゴリー: こだわり | コメントは受け付けていません。

家はお客様の大切な財産。10回監査で目に見える安心を!

こんにちは!福遼建設です。

今日は、福遼建設が注文住宅を建てる際に必ずおこなう【現場施工品質監査システム】(私たちは10回監査と呼んでいます)についてお話します。

建築業界には「建築基準法」があります。しかし現場では各工務店・ビルダー会社がそれぞれ個々の裁量で進行しているというのが現状。法律に則った施工が義務づけられていても、それを裏付ける証拠を残さなければいけない、という決まりはないのです。

家はお客様の未来をのせた「大切な財産」。福遼建設では、基礎部分から建物完成まで10回に及ぶチェック体制で、きちんと目に見えるカタチでお客様に安心と安全を提供しています。

現場監査記録書

私たちが責任をもって建てたという証であり、記録です。完工後、一冊の現場監査記録書としてお客様にお渡ししています。

施工品質監査済証

計10回の各工程の監査を担当した現場監査士が、「責任をもって監査した」証として発行します。

写真は、第2回目「基礎立上り型枠施工後コンクリート打設前監査」の様子です。

打設とは、型枠にコンクリートを流し込む作業のこと。この打設をおこなう前にチェックしておかなくてはならないのが、かぶり厚さ(コンクリート表面から鉄筋までの距離)です。この打設の段階で手を抜くと…鉄筋が酸化してもろくなり、コンクリートにひび割れが生じる恐れが! そんな最悪の事態を防止するために、とても重要な検査なのです。

2枚目の写真をご覧ください。鉄筋からコンクリート表面までのかぶり厚さは、4㎝以上と定められていますが、約6.5㎝もありますね。余裕の合格、と言えるでしょう。

このような現場監査が、他に9項目。施工品質を担保する監査基準書に沿って、建築士の国家資格を持つ現場監査士が細かくチェックします。

だから、どうぞ安心してください。福遼建設の注文住宅はすべて、基準通りに施工された高品質な建築物であることを約束します。

【お知らせ】================================================================

弊社のカリフォルニアスタイルハウスが「シティ情報ふくおか6月号」に掲載されました。現在書店およびコンビニで発売中です。ぜひご覧ください!

こんにちは!福遼建設です。

今日は、福遼建設が注文住宅を建てる際に必ずおこなう【現場施工品質監査システム】(私たちは10回監査と呼んでいます)についてお話します。

建築業界には「建築基準法」があります。しかし現場では各工務店・ビルダー会社がそれぞれ個々の裁量で進行しているというのが現状。法律に則った施工が義務づけられていても、それを裏付ける証拠を残さなければいけない、という決まりはないのです。

家はお客様の未来をのせた「大切な財産」。福遼建設では、基礎部分から建物完成まで10回に及ぶチェック体制で、きちんと目に見えるカタチでお客様に安心と安全を提供しています。

現場監査記録書

私たちが責任をもって建てたという証であり、記録です。完工後、一冊の現場監査記録書としてお客様にお渡ししています。

施工品質監査済証

10回の各工程の監査を担当した現場監査士が、「責任をもって監査した」証として発行します。

写真は、第2回目「基礎立上り型枠施工後コンクリート打設前監査」の様子です。

打設とは、型枠にコンクリートを流し込む作業のこと。この打設をおこなう前にチェックしておかなくてはならないのが、かぶり厚さ(コンクリート表面から鉄筋までの距離)です。この打設の段階で手を抜くと…鉄筋が酸化してもろくなり、コンクリートにひび割れが生じる恐れが! そんな最悪の事態を防止するために、とても重要な検査なのです。

2枚目の写真をご覧ください。鉄筋からコンクリート表面までのかぶり厚さは、4㎝以上と定められていますが、6.5もありますね。余裕の合格、と言えるでしょう。

このような現場監査が、他に9項目。施工品質を担保する監査基準書に沿って、建築士の国家資格を持つ現場監査士が細かくチェックします。

だから、どうぞ安心してください。福遼建設の注文住宅はすべて、基準通りに施工された高品質な建築物であることを約束します。

【お知らせ】================================================================

弊社のカリフォルニアスタイルハウスが「シティ情報ふくおか6月号」に掲載されました。現在書店およびコンビニで発売中です。ぜひご覧ください!

カテゴリー: こだわり | コメントは受け付けていません。

地域密着型だけど革新的! 人も品質も大切にする“職人気質”のトップの考え方に共感しました ~営業 上原竜二~

今月より月1回、福遼建設のスタッフを紹介します。第1回目は、社歴6年半、会社の第一印象を決める営業チームのリーダー格上原竜二(独身)です!

―Q.仕事の内容を簡単に説明してください

住宅営業およびリフォーム対応、社内では営業部の統括です。資料請求やお問合せへの対応、ご来店のお客様、モデルハウス・見学会ご来場のお客様への案内・説明など、「建築現場」以外のほぼすべてに関わっていますね。

―Q.福遼建設に入社した理由は?

以前11年間勤務していた大手住器メーカー(鹿児島支店)には全国転勤がありました。もともと地元が福岡で両親も年をとってきたし…福岡へ戻ろう、と。そして福岡へ戻ってきて最初に勤めていた会社の同僚に、東区に良い建設会社があるから一緒に面接を受けてみないか、と誘われたんです。

実際に社長と話をしてみて、ここなら地に足を付けて頑張っていけそうだな、と直感しました

―Q.福遼建設の、他の工務店と違う点は?

社長がいつも作業着、というところでしょうか(笑)。

弊社代表の福留は元現場監督でしたから…とにかく現場寄りの考え方、つまり品質重視なんです。売上一辺倒の社風ではないから、無理にエリアを拡大しようとはしません。《この地域でたくさんの信頼を得る》ことを大事にしてきた、地元愛の強い会社です。

かといって、新しいことに挑戦しないというわけではないんです。今、弊社が推しているカリフォルニアスタイルもそうですが、これだ!と決めたことは即実行に移す。そんな勢いもある会社です。

―Q.どんな時に、この仕事をやっていて良かった!と思いますか?

月並みですが、お客様の満面の笑顔が見られたときです。「福遼建設さんにお願いして良かった」という言葉はもちろん嬉しいのですが、以前「上原さんで良かった」と言われたことがあって。このときは感無量でしたね。

―Q.これからの目標を聞かせてください

仕事面では、昨年宅建士の免許を取ったので、土地の仕入れ等の実務も習得していきたいです。宅建の知識を生かした提案ができれば、お客様にももっと安心していただけます。個人個人が力をつける事が、営業部全体の能力の底上げに繋がりますから。

プライベートの目標は「運動」をすること。今は一人暮らしで食事はほぼ外食、毎晩ビールを欠かさないという不健康な生活なので。一緒にコースを回ってくれるゴルフ仲間が欲しいですね。食事を作ってくれる奥さんを見つけるほうがいい、と周りからは言われますけど(苦笑)。

今月より月1回、福遼建設のスタッフを紹介します。第1回目は、社歴6年半、会社の第一印象を決める営業チームのリーダー格:上原竜二(独身)です!

Q.仕事の内容を簡単に説明してください

住宅営業およびリフォーム対応、社内では営業部の統括です。資料請求やお問合せへの対応、ご来店のお客様、モデルハウス・見学会ご来場のお客様への案内・説明など、「建築現場」以外のほぼすべてに関わっていますね。

Q.福遼建設に入社した理由は?

以前11年間勤務していた大手住器メーカー(鹿児島支店)には全国転勤がありました。もともと地元が福岡で両親も年をとってきたし…福岡へ戻ろう、と。そして福岡へ戻ってきて最初に勤めていた会社の同僚に、東区に良い建設会社があるから一緒に面接を受けてみないか、と誘われたんです。

実際に社長と話をしてみて、ここなら地に足を付けて頑張っていけそうだな、と直感しました。

Q.福遼建設の、他の工務店と違う点は?

社長がいつも作業着、というところでしょうか(笑)。

弊社代表の福留は元現場監督でしたから…とにかく現場寄りの考え方、つまり品質重視なんです。売上一辺倒の社風ではないから、無理にエリアを拡大しようとはしません。《この地域でたくさんの信頼を得る》ことを大事にしてきた、地元愛の強い会社です。

かといって、新しいことに挑戦しないというわけではないんです。今、弊社が推しているカリフォルニアスタイルもそうですが、これだ!と決めたことは即実行に移す。そんな勢いもある会社です。

Q.どんな時に、この仕事をやっていて良かった!と思いますか?

月並みですが、お客様の満面の笑顔が見られたときです。「福遼建設さんにお願いして良かった」という言葉はもちろん嬉しいのですが、以前「上原さんで良かった」と言われたことがあって。このときは感無量でしたね。

Q.これからの目標を聞かせてください

仕事面では、昨年宅建士の免許を取ったので、土地の仕入れ等の実務も習得していきたいです。宅建の知識を生かした提案ができれば、お客様にももっと安心していただけます。個人個人が力をつける事が、営業部全体の能力の底上げに繋がりますから。

プライベートの目標は「運動」をすること。今は一人暮らしで食事はほぼ外食、毎晩ビールを欠かさないという不健康な生活なので。一緒にコースを回ってくれるゴルフ仲間が欲しいですね。食事を作ってくれる奥さんを見つけるほうがいい、と周りからは言われますけど(苦笑)。

カテゴリー: スタッフ紹介 | コメントは受け付けていません。

値引きって、できるんですか?

みなさんこんにちは。

お客様から寄せられる質問にお答えする、Q&Aのコーナーです。

第1回目は、住宅取得にかかる費用を説明する際にときどき尋ねられる、こちらの質問から。

Q.値引きって、できるんですか?

A.単刀直入にお答えすると、弊社ではできません。

「値引きしてください」と言われて「ハイ、かしこまりました」と安易に値引きするハウスメーカーや工務店は、ほとんどないのではないでしょうか。もしあるとしたら

もともと「値引く額」を上乗せした価格を提示している、としか考えられないのです。

福遼建設では、粗利を限界まで絞って設定価格を落とし、正直にわかりやすく提示しています。それなのに「値引き」ができてしまうと、お客様は何が本物なのかわからなくなってしまいます。

また、家は“建てたら終わり”ではありません。メンテナンスという形で10年・20年とお付き合いは続きます。口コミでお客様を紹介していただくこともあります。一部のお客様だけに値引きを適応してしまうと公平性が保てなくなり、信頼を失う結果につながりかねません。だからやっぱり、適正な価格提示が必要なのです。

予算オーバーの場合は、妥協できる部分はひとつランクを下げる、さほど重要でないモノは思い切って省くといった、「抑えられる部分は抑える」提案をさせていただきます。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

自然光がたっぷり差し込む吹き抜けのリビングと家事導線がポイント~福岡市近郊 M様邸②~

前回に引き続きM様邸のご紹介第二弾です。
M様邸のいちばんの特長は、吹き抜けのある広いリビングです。2階の窓から自然光が降り注ぎ、家族のくつろぎスペースをいつも明るく照らしてくれます。吹き抜けに梁が配されているのは、意匠性な見た目の良さと、構造的な安定感を持たせるためです。

奥様に好評だったのがキッチンから家事室、勝手口に繋がる「導線」の良さ。これは、常に主婦の声を聞き、設計に取り入れてきた福遼建設が一番注力していること。家事がしやすい!と奥様に喜んでいただけたことは、とても嬉しいことです。毎日やらなければならない「家事」が効率よくできないような導線では、奥様はストレスが溜まってしまいますから。
また、キッチンに立って夕食の後片づけをしながらでも、リビング、バスルーム、そして吹き抜けを通して2階まで家族の気配を感じとることができる、そんな安心感も大切にしています。
収納力にも注目してください。玄関を開けるとすぐ大きなシューズクローゼットと、3畳ほどの広さの納戸があります。これは、帰宅したらすぐ着替えたいというご主人の声を反映したもの(もちろん、2階の主寝室にも大きなクローゼットがあります)。
この他、扉の色、壁の色、外壁の色などもおふたりと話し合って決めました。
福遼建設の注文住宅は100人100色。これからもお客様一人ひとりの家づくりへのこだわりを、きちんとカタチにしていきたいと考えています。
カテゴリー: 施工事例 | コメントは受け付けていません。

きっかけは、通りがかりに偶然見つけた新築見学会 ~福岡市近郊 M様邸~

みなさんこんにちは!今日は、福遼建設が建てた注文住宅を紹介します。

スタイリッシュなツートンカラーの外観がひときわ目を引く、福岡市近郊のM様邸です。

M様と福遼建設の出会いは約2年以上前。M様ご一家がそれまで住んでいた家が老朽化し、「子どもたちの成長も考えると、そろそろ建て替えなくては」と思っていた頃です。たまたまM様のご自宅の近くで福遼建設の新築戸建て住宅の見学会が開催されていたので、ちょっと覗いてみたところ…

その建売住宅が、外観も内装もとても良くて。相談してみることにしました」とのこと。本当に、偶然の出会いだったのです!

M様宅の土地は50坪前後。狭小地というほどではありませんが、決して広い土地ではありません。そのうえ細長くて、南側に庭が造れない形。この不利な条件の土地で『日当たりが良く家族4人がゆったり暮らせる家』を建てるために、弊社代表の福留はまず、この地形に合わせた家のカタチを考えました。

そしてできあがったプランは、総二階建てでリビングを吹き抜けにするというもの。こうすることで、狭い土地でも4LDK+Sというじゅうぶんな広さと明るさが確保できます。もちろんデザイン、使い勝手、耐久性にもこだわって、唯一無二の注文住宅ができあがりました。

次回、内部をご紹介します。

カテゴリー: 施工事例 | コメントは受け付けていません。