白いラップサイディング&オリジナルカラーの窓モール

粕屋展示場のグランドオープンから半年が経ちました。

この6か月、連休ごとにイベントも開催し多くのお客様に足を運んでいただき、「カリフォルニアスタイル」のブランドも広く知られるようになりました。

本当にありがとうございます!

ところでみなさん…

福遼建設のカリフォルニアスタイルモデルハウス、正面と側面では使用している外壁の種類が違うことに気づかれたでしょうか?

側面の木目柄の外壁が標準仕様で、正面の外壁材はオプションの「ラップサイディング」です。

ラップサイディングは鎧張りとも呼ばれ、一枚一枚重ね貼りして仕上げる工法。

欧米の家屋によく使われていますね。もちろん標準仕様の外壁も機能的に劣る部分はまったくありませんが、よりカリフォルニアスタイルらしさを出したい場合はこちらをおすすめします。

そして、もうひとつのカリフォルニアスタイルの特徴でもある青い窓モール。

実はこのモールの色、注文住宅ならカスタマイズができるんです。

カリフォルニアスタイルハウス=海辺に建つ住宅をイメージしてデザインされるため、鮮やかなターコイズブルーや深みのあるマリンブルーの窓モールが基本ですが、青以外の色も合うんですよ。

たとえば、シックな印象にしたいならグレー、木立ちに囲まれた避暑地ならブラウンも素敵ですね。

福遼建設では、立地条件やお施主様の好みに合わせたモールの色を提案します。

福遼建設のカリフォルニアスタイルハウスは「抑えるところは抑えて生活を楽しむ」がコンセプトですが、

壁や窓枠の見た目にもこだわりたい!という本物志向のお客様にもしっかりアドバイスさせていただきます。

気軽にご相談くださいね。

カテゴリー: カリフォルニアスタイル | コメントは受け付けていません。

やわらかな光をまとう「夜のカリフォルニアスタイル」

10月もちょうど半分過ぎました。カリフォルニアスタイルハウスの一番の特徴といえば「カバードポーチ」ですね。

真夏の熱帯夜は暑くて長時間出ていられなかったけれど、この時期は夜風が涼しく月明りも清か。カバードポーチで過ごすには、最適なシーズンです。

ということで今回は、《夜のカバードポーチ》の過ごし方にスポットをあててみます。

夜のとばりが落ちて、街頭が灯る時刻。カバードポーチのマリンランプにも明かりが灯り、ウッドデッキを暖かな光で包みます。

そして空が深いブルーから漆黒へと変化するにつれ、ライトアップされたカリフォルニアスタイルハウス全体が際立っていき、幻想的な雰囲気に。

ここに家族や仲間が集まれば、はずむ会話と賑やかな笑い声。ビールを片手にワイワイバーベキューを楽しんだり、チップスをつまみながらお気に入りのワインを飲んだり。

思い思いのスタイルで、秋の夜長を楽しんで!

住むんだったら楽しみたい!

そんな遊びゴコロが満たされるとっておきの場所。それがカリフォルニアスタイルの家です。

カテゴリー: カリフォルニアスタイル | コメントは受け付けていません。

家を建てると、どんな税制優遇があるの?

こんにちは、福遼建設です。
今月のQ&Aは、住宅を購入する際の税金と優遇制度についてです。

Q.住宅を購入すると、どんな税制優遇が受けられるの?
A.まず、家を建てるとどんな税金が課せられるのかを見てみましょう。

大きく分けて「購入時にかかる税金」と、「購入後に毎年かかる税金」があります。
購入時にかかる税金は印紙税、登録免許税、不動産取得税の3種、
購入後にかかる税金は固定資産税と都市計画税の2種です。

この中で、大幅に減税される不動産取得税と固定資産税について簡単に説明します。

●不動産取得税
その名のとおり不動産を取得したときに課税される税金で、通常は土地・建物それぞれの評価額×3%で計算されますが、住宅の場合はこの税率が軽減されほとんどのケースでゼロになります。※床面積50㎡以上240㎡以下であることが条件です。
●固定資産税
購入後毎年かかる税金で、税率は市町村により異なりますが標準で評価額の1.4%です。この税額が新築3年間は1/2に軽減されます。
上記2種だけで、100万円近く税制優遇されることが少なくありません。
もっと詳しく知りたい方は、気軽に弊社営業スタッフまでお尋ねください。
カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

平屋のカリフォルニアスタイルハウス着工

いよいよ、待望の「平屋」のカリフォルニアスタイルハウスが着工(年明け完成予定)しました!

粕屋展示場のカリフォルニアスタイルハウスは2階建ですが、アメリカ西海岸やハワイにあるビーチ沿いの一戸建てサーファーズハウスは「平屋」がスタンダード。ライフスタイル、敷地、家族構成にもよるのでどちらが良いとは言えませんが、カリフォルニアスタイルに限らず全国的に「平屋」の人気と需要は上昇中です

今建築中の平屋のカリフォルニアハウスのお施主様は、4月に開催したカリフォルニアスタイルモデルハウス・オープニングイベントにお越しいただいた事がきっかけで、弊社で建て替えを検討してくださいました。お施主様の希望はもともと「平屋」だったので、福遼建設初の「平屋×カリフォルニアスタイル」が実現したのです。

カリフォルニアスタイルといえば、広いカバードポーチと吹き抜けが特徴。平屋だとカバードポーチのぶん屋内スペースが狭くなるのでは?と懸念されそうですが、よほどの狭小地でなければ大丈夫です。三方を囲む回廊風の広々としたカバードポーチになりましたよ!天井が高いため、吹き抜けの解放感も2階建てに引けをとりません。

注文住宅だけでなく、リフォームやリノベーションの場合でもご相談ください。海の近くじゃなくてもサーファーじゃなくても全く問題ありません。展示場を見て「こんな雰囲気の家に住みたい!」と思った方は、夢を叶えてください。カリフォルニアスタイルハウスは、意外とフレキシブルなんですよ。

こちらのカリフォルニアスタイルハウスは、SNSで進行状況を随時お届けします。年明けには見学会も開催。お楽しみに!

カテゴリー: カリフォルニアスタイル | コメントは受け付けていません。

アメリカンフェスティバル3DAYS中止のお知らせ

福遼建設から、重要なお知らせです。

この度、2018年10月6・7・8日に、福遼建設本社カリフォルニアスタイルハウジングショールームにて開催を予定しておりました「秋の大感謝祭アメリカンフェスティバル3DAYS」は、台風25号の接近が予測されており、お客様の安全を考慮いたしました結果、やむなく中止とさせていただきます。

楽しみにされていた皆様、当日出店予定だった業者さんには、ご迷惑をおかけして申し訳ありません。また、イベント開催直前のお知らせとなってしまったことを、深お詫び申し上げます。

日を改めて開催するかは未定ですが、これからもワクワクしてもらえるような楽しいイベントを随時企画していきます。これからも、よろしくお願いいたします。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

今年もやります!秋の大感謝祭「アメリカンフェスティバル3DAYS」

昨年約700名のお客様にご来場いただき、大盛況だった「秋の感謝祭」。

今年もやります!!

親子で楽しめる体験コーナーやワークショップ、おいしいフードブース、ふれあい動物園、日替わりアメリカンマーケットなど、昨年よりも内容盛りだくさんのアツイ3日間です!

見どころ1【実りの秋・食欲の秋】

餅つき、餅まき、野菜詰め放題…と、今年は「食」のイベントが充実!そして会場にはハワイアン&グルメのお店とカフェカーが2台来場します。ハワイアン料理やこだわりのカレーをはじめ、魅惑のアメリカンテイストを多種揃えてお待ちしています。

また、2階のワークショップイベント会場では、6日と8日に「アイシングクッキー教室」と「おうちパン教室」を開催します。楽しく作って、おいしく食べてくださいね!

見どころ2【芸術の秋】

3日間、1日3回「カリフォルニアdeミニミュージックライブ」を開催。古き良きアメリカを思わせるカントリーミュージックやオールディーズナンバーで会場を盛り上げます。

7日のワークショップイベントは、マリンカラーサンドアート教室です。カリフォルニアの海のような、キレイなサンドアートを作ってみませんか?

出店の詳細、ワークショップの開催時間等はチラシをご参照ください。

不明な点はお気軽にお問合せくださいね!

日時10月6日・7日・8日 10:00~17:00

会場福遼建設本社(福岡市東区松島4-10-26)

◆入場料:無料

◆お問合せ:フリーダイヤル0120-932-130

カテゴリー: 施工事例 | コメントは受け付けていません。

坪単価やデザインだけでなく、技術面も見て選んでもらえたら嬉しいです! ~工務課部長:原恭輔~

こんにちは!福遼建設です。

今月のスタッフ紹介は、入社6年目、福遼建設の「品質」を担う工務課部長:原 恭輔です

―Q.仕事の内容を簡単に説明してください

現場の施工管理全般です。作業の質の向上はもちろんですが、事故のない安全な環境づくりを心がけています

―Q.福遼建設に入社した理由は?
同業の社長からの紹介です。福留社長とは直接の知り合いではなかったけれど、会ってすぐその人柄に惹かれ入社を決めました。それに当時はまだできたばかりの会社だったので、自分のスキルが活かせるかな、と。

―Q.福遼建設の、他の工務店と違うところは?
良くも悪くもトップダウン方式なところかな(笑)。杓子定規ではなく柔軟な対応ができること。大手の建築会社だと、どうしても利益優先になるからルールに縛られてしまいます。

―Q.どんな時に、この仕事をやっていて良かった!と思いますか?

やはりお引渡しの時ですね。私たち現場のチームと社長でお引渡し式をやるんですが、お施主さまと接する時間が一番長いのが現場監督なんで、お引渡し式ではいろんな想いが蘇ります

―Q.これからの「工務課」の目標は?
福岡県内でナンバーワンの工務課になりたいですね。当社は社長が技術者だから、【施工】に関しては他社よりも抜きんでたプロ集団でありたい

―Q.最後に、お客様へひとこと

工務店やハウスメーカーを選ぶ基準に、ぜひ「技術」を加えてください。デザインや坪単価だけでなく。第三者による10回検査を取り入れている工務店はこの地域では珍しいと思います。現場見学会や現場案内も、ここ何年か頻繁に開催しています。完成見学会のみならず、そういった催しにも参加していただけると嬉しいですね。

カテゴリー: スタッフ紹介 | コメントは受け付けていません。

リビングでキャッチボールができる家 ~糟屋郡宇美町 N様邸~

今月は、昨年3月にお引渡しをした糟屋郡宇美のN様邸をご紹介します。

JR香椎線宇美駅から歩いて10分弱、1階に和室とLDK、2階に子ども部屋3室と主寝室の5LDK。天井が高いため、一見3階建てにも見える白い大きな外観の一戸建てです。

玄関ドアを開けて中に入ると、広いホールと趣のある箱庭がお出迎え。そしてリビングに足を踏み入れると、その広さに驚きます。LDKは25帖あり、引き戸を開け放って隣接する和室まで合わせると29.5帖。

リビング南の窓にはオープンウッドデッキがあり、その向こうには大きな庭が見えます。この家族共有スペースの「広さ」が、ご主人が家を建てると決めたときに、絶対譲れない条件だったのだそうです。

というのも、N様ご一家はご夫婦と男の子3人(10歳・8歳・5歳)、女の子1人(2歳)の6人暮らし。小さいうちは、のびのび遊ばせたいという想いがありました。

この家を建てて本当に良かったと思うことは、子どもたちが騒いでも叱らなくてよくなったこと。賃貸暮らしの頃は、1階に住んでいたのに2階の住人からクレームが来るくらい元気すぎて(笑)。子どもはもちろんですが、叱る私もストレスだったんです。このリビングなら、キャッチボールもできるので大満足です」とご主人は語ります。

奥様のお気に入りは、トイレや洗面台まわりの壁紙やボードの色と質感、ダイニングテーブルのライトなど細かな仕様。毎日使う場所、毎日見るものだから“好きな”色・柄であることは大事ですね

コーディネーターさんが一緒に選んでくれて、希望どおりに仕上がりました

と、嬉しい言葉をいただきました。

福遼建設では、これからもアフターメンテナンスを通してN様邸を見守らせていただきます。4人の子どもたちの成長が楽しみです!

※N様邸の詳しい記事は、近日中に福遼建設公式ホームページで公開します。お楽しみに!

カテゴリー: 施工事例 | コメントは受け付けていません。

建物以外に、どんな費用がかかるんですか?

こんにちは。今日の記事テーマは、月イチでお客さまからの「よくある質問」にお答えするQ&Aコーナーです。

今月の質問はこちら。

Q.家を建てるとき、建物以外にどんな費用がかかりますか?

A.建物を建てる「本体工事費」以外に必要な費用は、敷地の状況に応じた「付帯工事費」で、

その付帯工事費には以下の3項目があります。

●屋外給排水工事費

●地盤補強工事費

●外構工事費(庭や駐車場、柵など)

しかし、私たち建築会社や工務店やハウスメーカーが請け負う建築請負工事費の中に、屋外給排水工事費、地盤補強工事費は含まれています。

地盤が弱くてはそもそも建物を建てることはできないし、給排水が整備されていない状態ではキッチンもバスルームも施工できないからです。

わかりやすくするために「建物」以外にかかる費用、ではなくて、私たちにお支払いいただく『建築請負工事費』以外にかかる費用を説明しましょう。

主な項目として、庭や駐車場の整備にかかる外構工事費、家具・照明器具などの購入費、住宅ローンを借り入れる際の諸費用・登記費、火災保険・地震保険などが挙げられます。

請負工事費に、これらをすべて含めたものが住宅建築にかかる総予算となるわけです。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

やっぱりあると便利!「和室」inカリフォルニアハウス

こんにちは、福遼建設です。

前回に引き続き、今日は須恵駅前建売のカリフォルニアハウスの見どころをご紹介します。

粕屋町のモデルハウスには無いものが、須恵駅前建売にあります。

それは「和室」です。

カリフォルニアスタイルに和室というと、ミスマッチというか…ブレてる!?と思われそうですが(笑)、これがあるのと無いのでは大違い。

玄関で靴を脱いで生活をする日本人にとって、やはり和室の需要はとても大きいのです。

建具があって個室にもなる和室は、来客用の寝室に最適です。

雨の日に洗濯物を干すスペースとしても活躍してくれそう。

3帖を横に並べたシンプルな縦長の部屋だから、引き戸を開け放っていても何ら違和感がありません。子どもを遊ばせたりするのも、畳の上なら安全です。

キッチン、ダイニングそして和室まで一直線に繋がるので、お母さんは調理や後片付けをしながら、和室で遊ぶ子どもの様子を見ることができます。

住む人の意向に沿って、どんな使い方もできる和室。

若いご夫婦の間でも「あったほうがいい」という声が多いのも、納得できますね。

もちろん注文住宅の場合は、和室の設置は任意です。お施主さまの家族構成、ライフスタイルに合わせて提案させていただきます。

カテゴリー: カリフォルニアスタイル | コメントは受け付けていません。